日本語

操作手順: 2 つのポイント間に接続ラインを作成する

概要

下記の手順は、ArcMap で 2 つのポイント間に接続ラインを作成する方法を示しています。 たとえば、地震測線データ スプレッドシートは、通常、始点および終点の位置で構成され、測量で撮影される地震測線を表します。 ArcMap では、[XY 座標 → ライン (XY To Line)] ツールを使用して、これらのポイントからラインのセットを生成できます。

ArcMap で生成されたラインが正確に配置されることを保証するには、下の例に示されているように、属性テーブルが、始点フィーチャおよび終点フィーチャの緯度と経度を含んでいる必要があります。

Excel table with required fields

手順

下記の手順に従って、マップ上の 2 つのポイント間に接続ラインを作成します。

  1. XY データを ArcMap に挿入します。
  2. 正しい座標系と X および Y フィールドを選択します。
    1. データ テーブルで特定のレイヤーを右クリックして、[XY データの表示] を選択します。

      Display XY data in ArcMap
       
    2. X および Y フィールドで X および Y 値を選択します。
    3. [編集] をクリックし、正しい座標系を定義します。
    4. [OK] を 2 回クリックします。 これで、ポイントが、[コンテンツ] ウィンドウでレイヤーとしてマップに追加されます。
  3. ポイントを永続的なデータとして保存します。
    1. イベント レイヤーを右クリックして、[データ][データのエクスポート] の順に選択します。
    2. [参照] ボタンをクリックして、新しいファイルの場所と名前を選択します。
    3. ファイル タイプをシェープファイルまたはフィーチャクラスとして設定します。
    4. [保存] をクリックしてから [OK] をクリックします。

      Points displayed after permanently saved with modified symbology as desired.
       
  4. [ArcToolbox][データ管理ツール][フィーチャ][XY 座標 → ライン (XY To Line)] の順に移動します。
  5. ステップ 5 で作成した新しいシェープファイルまたはフィーチャクラスを使用して、テーブルの [始点 X]、[始点 Y]、[終点 X]、[終点 Y] 座標フィールドに入力します。

    Parameters filled in the XY To Line tool
     
  6. [XY 座標 → ライン (XY To Line)] ツールを実行します。

    Output for the XY To Line tool

関連情報