日本語

問題: ArcGIS Pro およびクラウド ストレージ サービス

説明

ArcGIS Pro は、特定のツールと機能について ArcGIS Pro のユーザー インターフェイスまたはドキュメントに特に明記されていない限り、OneDrive や Google Drive などのクラウド ストレージ サービスの使用を現在サポートしていません。

ArcGIS Pro のソフトウェア開発チームは、今後のリリースでクラウド ストレージをさらにサポートすることに向けて努力しています。 この記事は、最新のサポート状況を反映するように更新されます。

この記事の他の 2 つの目的は、ArcGIS Pro とクラウド ストレージ サービスを操作するときに発生する一般的な問題について説明すること、およびクラウド ストレージの使用を避けることができないユーザーのために、可能であれば問題を防ぐように説明することです。

利用できるさまざまなクラウド ストレージ サービスがありますが、この記事では OneDrive に焦点を合わせます。OneDrive が、ArcGIS Pro ユーザーによって最もよく使用されるサービスだからです。 別のサービスを使用する場合にも同じ問題が発生することがあり、同様の対策を行って、それらの問題を防ぐことができます。 SharePoint に格納されたファイルは、OneDrive に格納されたファイルと同じ特徴および挙動の多くを示すということに注意してください。

原因

クラウド ストレージに関するほとんどの問題は、次の理由で発生します。

  • 通常は 1 つずつ編集またはアクセスされるファイルが、複数のユーザーによって同時に編集または変更可能になっています。 これは、あるコンピューターまたはユーザーに関するファイル名を変更し、別のコンピューターまたはユーザーとの共有を引き起こします。 また、関連するファイルに対する複数のユーザーによる編集が、同時に同期される可能性があり、これがデータの損失または不一致をもたらします。
  • ロックされること、または一時的に変更不可能になることが期待されるファイルが、変更可能になっています。
  • 常に他のファイルと共に格納されるファイル (たとえば、ジオデータベース内のファイル) の一部が、ローカルに利用できなくなっています。それらのファイルは、クラウドとローカル ストレージの間で分割され、ファイルの完全なセットがローカルに集められているときに、パフォーマンスを低下させたり、プロシージャの失敗を引き起こすことがあります。
  • クラウド ストレージ サービスが、それ自身のスケジュールで、クラウドとの変更されたローカル ファイルのコピーの同期を開始し、ArcGIS Pro がファイルへの書き込みを期待するときに、その書き込みを妨げることがあります。

解決策または対処法

完全な解決策ではありませんが、次の対策を行うことによって、多くの問題を防ぐことができます。

  • OneDrive を使用して、ArcGIS Pro セッションの外部で、ファイルを同僚および他のコンピューターと共有します。 つまり、オペレーション システムまたはブラウザーを使用してファイルをコピーし、ArcGIS Pro を介してアクセスできるように、OneDrive の外部のフォルダーにそれらのファイルをコピーします。
  • ArcGIS Pro と OneDrive の結合を避ける事ができない場合は、次のようにします。
    • ファイルへの複数のユーザーのアクセス、またはファイルの同時の編集を許可しません。 これによって、同じファイルの複数のコピーが作成されるのを防ぎ、適用される編集に関する混乱を回避します。
    • ArcGIS Pro で作業しているときに、OneDrive の同期をオフにします。 たとえば、その日一日、同期をオフにし、ArcGIS Pro のみを使用します。 どのファイルが最後に更新されたかに関する混乱が回避されます。
    • あるフォルダーに頻繁にアクセスする場合、そのフォルダーをコンピューター上でローカルに常に利用できるように、OneDrive を設定します。 これによって、アクセス時にオンラインのみで利用できるファイルにアクセスする場合の遅延およびエラーを防ぎます。
    • ArcGIS Pro を介して、関連する *.lock ファイルタイプを生成するファイルにアクセスしたり、そのようなファイルタイプを生成する操作 (たとえば、フィーチャクラスの編集) を実行しないようにします。 そのような操作は同期エラーを引き起こす可能性があり、複数のコンピューターが同期された場合、ロック ファイルが各コンピューターにダウンロードされます。
    • ファイルがローカル コンピューターと同期されている場所から、OneDrive 内のファイルに直接アクセスします。 たとえば、ファイルをファイル エクスプローラーから ArcGIS Pro にドラッグ アンド ドロップします。 Web ブラウザーからファイルにアクセスして開かないでください。

以下のセクションでは、識別されているいくつかの問題について説明します。

ドキュメント フォルダーの自動同期
一部の組織 (特に、大きい組織) は、バックアップなどの OneDrive の機能から恩恵を受けるために、すべてのメンバーのドキュメント フォルダーを、OneDrive と同期するように構成します。 ArcGIS Pro は、プロジェクト ファイル、デフォルト ジオデータベース、ツールボックスなどのファイルを、ユーザーのドキュメント フォルダー (デフォルトでは、たとえば C:\Users\<ユーザー名>\Documents) に格納します。 このような環境で、問題が発生することがあります。 この原因を検出するのは、困難である場合があります。OneDrive の同期が、組織の多くのメンバーに気付かれないほどシームレスであることがあるからです。 ドキュメント フォルダーが OneDrive と自動的に同期されているかどうかが不明である場合、IT 部門に問い合わせてください。

推奨事項: プロジェクト、ジオデータベース、およびツールボックスを、OneDrive と同期されていない別のフォルダーに作成するように、ArcGIS Pro を構成します。

SharePoint または OneDrive の URL を使用するパスからのデータ
OneDrive に格納されたファイルおよびフォルダーには、HTTP を経由してデータにアクセスするために他のユーザーによって共有され、使用されることが可能な URL が割り当てられます。 ArcGIS Pro には、パスからの [データの追加] オプションがあり、このオプションを使用して、データをローカル パスまたは URL から追加できます。 ただし、OneDrive または SharePoint の URL を追加しようとすると、エラーが発生します。

推奨事項: データを SharePoint または OneDrive の外部のフォルダーにコピーし、そのフォルダーからデータに接続します。 たとえば、データを、OneDrive と同期されていないネットワーク ドライブにコピーし、そのフォルダーのパスを使用して ArcGIS Pro に接続します。

関連情報

更新日時: 5/12/2021

記事 ID: 000025605

ソフトウェア: ArcGIS Pro 2.8, 2.7.3, 2.7.2, 2.7.1, 2.7, 2.6.5, 2.6.4, 2.6.3, 2.6.2, 2.6.1, 2.6, 2.5.2, 2.5.1, 2.5, 2.4.3, 2.4.2, 2.4.1, 2.4, 2.3.3, 2.3.2, 2.3.1, 2.3, 2.2.4, 2.2.3, 2.2.2, 2.2.1, 2.2, 2.1.3, 2.1.2, 2.1.1, 2.1, 2.0.1, 2.0, 1.4.1, 1.4, 1.3.1, 1.3, 1.2