日本語

操作手順: カスタム/拡張ランタイム向けにマニフェスト ファイルを生成する

概要

ArcGIS Notebook Server にカスタム ランタイムを登録するときに、管理者はマニフェスト ファイルを含めることができます。 このファイルは Python 環境内に含まれるライブラリの JSON 形式のリストです。このファイルを含めることで、ユーザーは Notebook Manager アプリケーション内のリストを確認できます。

手順

カスタム コンテナー イメージを構築する手順を実行した後に、Docker をホストするコンピューター上で以下のコマンドを実行し、ArcGIS Notebook Server にランタイムを登録します。 カスタム イメージ ID ('<custom_runtime_image_ID>' として表示) は、Docker イメージ リストの出力から取り出すことができ、Bash (Linux で Docker を実行するコンピューターの場合) または PowerShell (Windows で Docker を実行するコンピューターの場合) コマンドのいずれかで置換した後に実行します。

次の図に、Docker イメージ リスト コマンドを実行したときのカスタム イメージ ID の例のコマンド ライン出力を示します。
 
image.png

Bash の例

ID=$(docker container run -d --rm -it -v /:/host <custom_runtime_image_ID>) && docker exec -it $ID /opt/conda/bin/conda list --json >> ~/manifest.json && docker kill $ID

PowerShell の例

$ID = docker container run -d --rm -it -v /:/host <custom_runtime_image_ID>; docker exec -it $ID /opt/conda/bin/conda list --json >> ~\Desktop\manifest.json; docker kill $ID

生成された manifest.json ファイルはユーザーのホーム ディレクトリ (Bash) または Desktop (PowerShell) にあり、Notebook Manager または Notebook Server Admin アプリケーションのランタイム登録時にアップロードされます。これを行うには、ランタイムの登録元コンピューターにファイルを転送しなくてはならないことがあります。

次の図に、「ArcGIS Server Manager への新しいランタイムの登録」で説明したように、[ランタイムの登録] ダイアログにカスタム イメージ ID を入力した状態を示します。
 
イメージ ID と選択された manifest.json ファイルを示す [ランタイムの登録]
次の ArcGIS Notebook Server Manager の図には、ランタイムに含まれる Python ライブラリのリストを示します。
 
ランタイムのライブラリを示す Notebook Manager

関連情報

更新日時: 7/30/2021

記事 ID: 000025575

ソフトウェア: ArcGIS Server 10.8.1, 10.8, 10.7.1, 10.7 Portal for ArcGIS 10.8.1, 10.8, 10.7.1, 10.7