日本語

操作手順: ArcGIS Pro で Google Earth 画像をベースマップとして使用する

概要

ArcGIS Pro は、Google Earth 画像をベースマップとして直接使用する機能を提供していません。Google Earth 画像は、提供されているベースマップのデフォルトのリストでは利用できません。 この記事では、ArcGIS Pro でGoogle Earth 画像をベースマップとして使用するための回避策について説明します。

手順

  1. Google Earth で、目的のマップ範囲を拡大します。
  2. 少なくとも 3 つのプレースマークを地上コントロール ポイントとして範囲内に追加し、各プレースマークの緯度/経度座標を書き留めます。
  3. Google Earth マップを画像として保存します。 これを行うには、「Google Earth サポート: お気に入りのマップ画像の保存」をご参照ください。 以下の図は、地上コントロール ポイントとして作成された 4 つのプレースマークを含む Google Earth 画像を示しています。
プレースマークを含む Google Earth 画像。
注意: Google Earth 画像は、保存された画像の縮尺のみで使用できます。
  1. 新しい空の ArcGIS Pro プロジェクトで、座標系を WGS 1984 に設定します。
    1. [コンテンツ] ウィンドウで、[マップ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. [マップ プロパティ] ダイアログ ボックスで、[座標系] を選択します。
    3. [使用可能な XY 座標系] で、[地理座標系][世界][WGS 1984] をクリックします。
  2. Google Earth 画像をプロジェクトに追加し、すべての地上コントロール ポイントの緯度/経度座標を入力することによって画像をジオリファレンスします。 これを実行する手順については、「ArcGIS Pro: XY 座標の入力によるラスターのジオリファレンス」をご参照ください。 [適用] をクリックしてジオリファレンスを適用してから、保存します。 以下の図は、ArcGIS Pro でジオリファレンスされた Google Earth 画像を示しています。
ジオリファレンスされた Google Earth 画像。
  1. Google Earth 画像をベースマップとして使用し、その上に他の操作レイヤーを表示するには、[コンテンツ] ウィンドウで操作レイヤーを Google Earth 画像の上に移動します。
Google Earth ベースマップの上の操作レイヤーの画像。

関連情報

更新日時: 6/11/2020

記事 ID: 000023334