日本語
Continue in the app
Be The First To Get Support Updates
Want to know about the latest technical content and software updates?

操作方法: ArcGIS Dashboards の ArcGIS Survey123 から調査フォームを埋め込んで既存データを編集する

概要

ArcGIS Dashboards ではダッシュボード エレメントにコンテンツを埋め込むことができます。 画像や動画、Web サイトのページなど、さまざまなコンテンツが埋め込み可能です。 ArcGIS Survey123 から調査を埋め込むことで、ダッシュボードの視覚的な魅力とわかりやすさをリアルタイムのデータ編集と応答に取り込むことができます。

この記事では、ArcGIS Dashboards の ArcGIS Survey123 から調査フォームを埋め込み、フォームをカスタマイズして既存データを編集する方法について説明します。

手順

注意: ArcGIS Survey123 で作成された調査は、デフォルトで ArcGIS Online のフィーチャ レイヤーとして保存されます。
  1. ArcGIS Survey123 のフィーチャ レイヤーを ArcGIS Online の Web マップとして保存します。
    1. ArcGIS Online にサイン インして [コンテンツ] をクリックします。
    2. 調査フィーチャ レイヤーを開いて [Map Viewer で開く] を選択します。
    3. [保存] アイコンをクリックしてマップを Web マップとして保存します。
  1. Operations Dashboard Web アプリを作成します。
    1. [コンテンツ] に移動します。 [作成][Operations Dashboard を使用] の順にクリックします。
    2. [Web アプリの作成] ダイアログ ボックスで [タイトル] を指定し、[タグ] を追加します。 必要に応じて、[サマリー][カテゴリ] を指定します。
    3. Web アプリを保存するフォルダーを [フォルダーに保存] で指定し、[OK] をクリックします。
[Web アプリの作成] ダイアログ ボックスが表示されている画像
注意: ユーザーにはデフォルトで Operations Dashboard ページが表示されます。 必要に応じて [コンテンツ] に移動し、作成した Web アプリをアイテム説明ページでクリックします。 アイテムの説明ページで [ダッシュボードの編集] を選択します。
  1. Operations Dashboard ページで [マップ] エレメントをダッシュボードに追加します。
    1. [追加 +] アイコンをクリックし、[マップ] を選択します。
    2. ステップ 1 で作成した Web マップを選択し、必要に応じて設定を指定します。
    3. [完了] をクリックします。
  1. 調査フォームを [埋め込みコンテンツ] エレメントとして追加します。
    1. [追加 +] アイコンをクリックし、[埋め込みコンテンツ] を選択します。
    2. 調査フォームの URL をコピーして [URL] フィールドに貼り付けます。 こちらの例では次の URL を使用します。
https://survey123.arcgis.com/share/<調査フォーム ID>
  1. [タイプ][フィーチャ] を選択します。 調査フォームから必要なレイヤーを選択してクリックします。
  2. [完了] をクリックします。
注意: 必要なだけ他のエレメントをダッシュボード レイアウトに追加します。 詳細については、「ArcGIS Dashboards: ダッシュボードのレイアウト」をご参照ください。
  1. [リスト] エレメントを追加してフィーチャを対話形式で選択できるようにし、選択したフィーチャに基づいて埋め込みコンテンツをフィルタリングします。
    1. [追加 +] アイコンをクリックし、[リスト] を選択します。
    2. フィーチャ レイヤーを選択します。
    3. [リスト] タブをクリックします。 [リスト] ウィンドウで [フィールド] ボタン [フィールド] ボタンの画像 をクリックし、[GlobalID] を選択します。
    4. [完了] をクリックして [リスト] タブを閉じます。
    5. [アクション] タブをクリックし、[アクションの追加] [フィルター] の順に選択します。
    6. [フィルター] ウィンドウで [ターゲットの追加] をクリックし、埋め込みコンテンツ (調査フォーム) を選択します。
    7. [完了] をクリックします。
注意: ArcGIS Survey123 バージョン 3.9 以降では、モード クエリ パラメーターに変更が加えられ、更新または表示するフィーチャ レコードを設定する方法として、ObjectID の代わりに GlobalID が使用されるようになりました。 詳細については、「FAQ: Survey123 Web Form のクエリ パラメーターにはどのような変更が加えられていますか」をご参照ください。
関連情報を調査フォームに取り込むためのフィルターを挿入
  1. [URL] フィールドで参照 URL を修正し、ArcGIS Dashboards の既存の調査データを編集できるようにします。
    1. ダッシュボードで、埋め込み調査フォームにある [構成] アイコンをクリックします。
ダッシュボードの画像
  1. [データ] タブの [タイプ][フィーチャ] を選択し、表示するレイヤーを [レイヤーの選択] で選択します。
  2. [URL] フィールドの URL を修正します。 詳細については、ブログ投稿「GeoNet: Web フォームの URL パラメーター」をご参照ください。 たとえば、次の URL を修正して、GlobalID に応じて関連情報を抽出し、ArcGIS Survey123 調査フォームを通じて既存データを編集することをユーザーに許可します。
https://survey123.arcgis.com/share/<調査フォーム ID>?mode=edit&globalId={globalid}&version=latest
  1. [完了] をクリックします。

以下の画像は、ArcGIS Dashboards の [リスト] エレメントから選択したフィーチャと調査のデータが一致しており、埋め込み ArcGIS Survey123 フォームで編集できる様子を示したものです。

リストと調査フォームからフィーチャを選択して関連情報を取得

関連情報

更新日時: 7/5/2022

記事 ID: 000021897

ソフトウェア: Survey123 for ArcGIS Current ArcGIS Online Current