日本語
Continue in the app
Be The First To Get Support Updates
Want to know about the latest technical content and software updates?

操作手順: ArcGIS Survey123 で繰り返しの合計を計算する

概要

繰り返しの合計を計算することによって、同じプライマリ レコードで回答された複数の繰り返しの質問にわたって合計値を集計することができます。 たとえば、対象物検査中に検査されたアイテムの合計数を記録すること、化学工場によって処分された化学廃棄物の総量を決定すること、または住宅地から収集されたリサイクル可能な材料の総トン数を識別することなどです。

この記事では、繰り返しセクションに、いくつかの倉庫から収集されたアイテムの詳細が含まれています。 1 つのアイテム タイプの詳細が、1 つの繰り返しレコードに記入されています。 sum() 関数を使用して、収集されるアイテム タイプに基づいて、複数の繰り返しレコードから収集されたアイテムの合計数およびボックスの合計数を計算します。

sum() 関数を使用して一緒に合計される XLSForm のフィールド。

手順

繰り返しセクションの外で sum() 関数を使用して、繰り返しの合計が計算されます。 以下の手順に従って、ArcGIS Survey123 で繰り返しの合計を計算します。

  1. ArcGIS Survey123 Connect を開き、[Advanced] テンプレートを使用して調査を作成します。
  2. [XLSForm スプレッドシートを開く] アイコンをクリックして Excel フォームを開きます。
  3. 繰り返しセクションを含むように、このフォームを構成します。
  4. 繰り返しセクションの外部で、整数タイプまたは小数タイプの質問を作成します。 calculation 列で、sum() 関数を使用して繰り返しの合計を計算します。

    以下の図は、繰り返しセクションの外部の calculation 列で構成された sum() 関数を示しています。 sum() 関数を使用して、収集されるアイテム タイプに基づいて、繰り返しレコードで提供された詳細に基づいて収集されたアイテムの合計数およびボックスの合計数を計算します。

繰り返しの質問の外部で使用される sum() 関数を示す XLSForm。
注意: 繰り返しレコードから、count()max()min() などのその他の集約関数 を計算することもできます。 これらの関数は、調査の繰り返しレコード全体ではなく、同じプライマリ レコード内の繰り返しを操作します。
  1. Excel フォームを保存して調査を公開します。 以下の図は、調査フォームで自動的に計算されたすべての繰り返しの合計を示しています。
調査フォームで計算された繰り返しの合計

Map Viewer でホスト フィーチャ レイヤーを表示するときに、調査フォームで構成された繰り返しの合計およびその他の集約関数が、属性テーブルに表示されます。 以下の図は、3 つの繰り返しレコードを含む 1 つの調査への回答で収集されたアイテムおよびボックスの合計を示しています。

3 つの繰り返しレコードを含む 1 つの調査への回答で収集されたアイテムおよびボックスの合計を示している属性テーブル。

各繰り返しレコードの個々のレコードが、関連レコード テーブルに格納されます。 以下の図は、1 つの調査への回答で送信された 3 つの繰り返しレコードの詳細を示しています。 属性テーブル内の Total items collected 列が、この関連レコード テーブル内の Number of items collected 列の合計に基づいて計算されます。

3 つの繰り返しレコードの詳細を示す関連レコード 。

関連情報

更新日時: 4/27/2022

記事 ID: 000021664

ソフトウェア: その他のアプリ ArcGIS.Survey123.Connect ArcGIS Online Current