日本語

操作手順: 既存のフィーチャ サービスの XY 座標と属性を使用し、Collector for ArcGIS から Survey123 調査を起動し、データを入力する

概要

Collector for ArcGIS 18.1.0 の新機能」に記載のとおり、Arcade 条件式がサポートされるようになりました。 Collector for ArcGIS と Survey123 との統合はこれまでも多くの要望があったため、今後は Arcade 条件式を使用し、Survey123 のカスタム URL を構築することができます。
 
これが重要な理由

既存のサービスに基づく Collector Web マップがあり、別のフィーチャ サービスを使用している Survey123 調査にデータを入力したい場合、カスタム URL スキームとカスタム属性ポップアップを使用できます。以下に例を示します。

arcgis-survey123://?itemID=&field:AssetID={otherfeatid}

これにより、調査の「AssetID」フィールドに既存のサービスの「otherfeatid」を反映できます。 ただし、Survey123 では現在の位置をデフォルトで使用し、Survey123 を起動したときに Collector マップで使用していたポイントは使用しません。

 

手順

Web マップ ポップアップで属性条件式を使用するよう構成するには、「ポップアップの構成」をご参照ください。
 
次の条件式を貼り付けます。このとき、 は調査のアイテム ID に変更してください。

function MetersToLatLon(x, y) {
    // 球面メルカトル EPSG:3857 (Web メルカトル球体補正) の XY ポイントを WGS84 Datum (EPSG:4326) の緯度/経度に変換します。
    // 出典: http://www.maptiler.org/google-maps-coordinates-tile-bounds-projection/
    var originShift = 2.0 * PI * 6378137.0 / 2.0;
 
    var lon = (x / originShift) * 180.0;
    var lat = (y / originShift) * 180.0;
 
    lat = 180.0 / PI * (2.0 * Atan( Exp( lat * PI / 180.0)) - PI / 2.0);
    return [lat, lon];
}
function CreateURLSurvey(lat, lon) {
    var url_scheme = "arcgis-survey123://?itemID=";
    var url = url_scheme + "?";
        url = url + "&field:AssetID={otherfeatid}";// 入力するフィールドの数に基づき、必要なだけこの行を繰り返します。 この例では、AssetID は otherfeatid から入力されます。
    url = url + "¢er=" + lat + "," + lon;// これは位置を定義する行です。
    Console(url);
    return url;
}
 
var latlon = MetersToLatLon(Geometry($feature).X, Geometry($feature).Y);
var url = CreateURLSurvey(latlon[0], latlon[1]);
return url;
var latlon = MetersToLatLon(Geometry($feature).X, Geometry($feature).Y);
var url = CreateURLSurvey(latlon[0], latlon[1]);
return url;

関連情報

更新日時: 7/23/2020

記事 ID: 000020624

ソフトウェア: ArcGIS Online 8.2 Collector for ArcGIS (iOS) 19.0.2, 18.0.3, 18.0.2, 18.0.1, 17.0.4, 17.0.3, 17.0.2, 17.0.1 Survey123 for ArcGIS 3.9, 3.8, 3.7, 3.6, 3.5, 3.4, 3.3, 3.2, 3.1, 3.0, 2.9.Classic, 2.8 Portal for ArcGIS 10.8, 10.7.1, 10.7, 10.6.1, 10.6, 10.5.1, 10.5, 10.4.1, 10.4, 10.3.1, 10.3, 10.2.2, 10.2.1, 10.2