日本語

エラー: フィーチャクラスの作成に失敗する

エラー メッセージ

ホスト フィーチャ レイヤー (新規調査など) をポータルに公開しようとすると、次のエラーが返されます。

エラー: 
エラー: フィーチャクラスの作成に失敗しました。
Screenshot of the error when publishing a new survey in Survey123 Connect for ArcGIS.

原因

ホスト フィーチャ レイヤーの公開先のポータルのデータ ストアは、読み取り専用モードになっています。 データ ストアがホストされているドライブの空きディスク容量が 1024 MB 未満になると、データ ストアは自動的に読み取り専用モードに設定されます。 データ ストアが読み取り専用モードになると、ホスト フィーチャ レイヤーをポータルに公開できなくなります。

注意:
Survey123 Connect for ArcGIS から新しい調査を公開しているときにこのエラーが返された場合は、ポータルでサポートされているテーブルのサイズに対する既知の制限もエラーの原因として考えられます。 ポータルは最大で 500 列のテーブルをサポートしています。 詳細については、「Survey123 for ArcGIS: ポータル エラー」をご参照ください。

解決策または対処法

データ ストアを読み書きモードに設定します。 ディスク容量が少ないためデータ ストアが読み取り専用モードに設定されている場合は、データ ストアをホストしているドライブ上のデータを消去して 1024 MB 以上の空き容量を確保してから、読み書きモードに設定します。 データ コンピューターを読み書きモードに設定するには、changedatastoremode ユーティリティを実行します。 changedatastoremode ユーティリティを実行する方法について詳しくは、「ArcGIS Enterprise: changedatastoremode」をご参照ください。

注意:
データ ストアが自動的に読み取り専用モードに設定された場合、自動バックアップ スケジュールも無効になります。 データ ストアの自動バックアップを再設定するには、updatebackupschedule ユーティリティを実行します。 詳細については、「ArcGIS Enterprise: updatebackupschedule」をご参照ください。

関連情報