日本語

エラー: 警告 999999: カーソルが宣言された後にテーブル スキーマが変更されました

エラー メッセージ

ArcGIS Solutions チームが提供した Naperville のサンプル データを使用して新しいユーティリティ ネットワークを設定するときに、SQL Server データベースを操作中に ArcGIS Pro の [アセット パッケージの適用 (Apply Asset Package)] ジオプロセシング ツールを実行すると、次のエラーが表示されます。

エラー: 
警告 999999: 予期しない事態により、ツールが失敗しました。 不具合の報告は、Esri テクニカル サポート (http://esriurl.com/support) にご連絡ください。実行可能な解決策または回避策については、エラーのヘルプをご参照ください。
カーソルが宣言された後にテーブル スキーマが変更されました [42000:[Microsoft][ODBC Driver 17 for SQL Server][SQL Server] カーソルが宣言された後にテーブル スキーマに変更があったため、カーソル操作を完了できませんでした。]
Image of the error message when running the Asset Package tool.

原因

この問題は SQL Server データベース固有のものであり、メモリ プレッシャーによって発生します。これによって共通言語ランタイム (CLR) アプリケーション ドメインが強制的にアンロードされます。 これは [アセット パッケージの適用 (Apply Asset Package)] ツール、Utility Network for ArcGIS、または ArcGIS Solutions パッケージでは問題になりません。

解決策または対処法

この問題を回避するため、SQL インスタンスの最大サーバー メモリのサイズを削減します。 それを行うには、次の手順を実行します。

  1. SQL Server Management Studio を起動します。
  2. インスタンスを右クリックし、Object Explorer で [プロパティ] を選択します。
  3. 左のウィンドウで [メモリ] をクリックします。
  4. [最大サーバー メモリ] を、SQL Server がインストールされているコンピューターで使用可能なメモリの 70% ~ 80% の値に設定します。 [OK] をクリックします。

    Image of the Memory tab in the Server Properties window of SQL Server Management Studio.
     
  5. SQL Server サービスを再開します。
  6. [アセット パッケージの適用 (Apply Asset Package)] ツールを再度実行します。

関連情報

更新日時: 5/12/2019

記事 ID: 000020429