日本語
Continue in the app
Be The First To Get Support Updates
Want to know about the latest technical content and software updates?

エラー: この調査は公開できません。 ジオメトリ フィールドはテーブルにつき 1 つのみ使用できます。(調査タイトル) に (個数) が見つかりました

エラー メッセージ

複数のジオポイントを含む単一の調査を公開しようとすると、次のエラー メッセージが返されます。

エラー: 
この調査は公開できません。 ジオメトリ フィールドはテーブルにつき 1 つのみ使用できます。(調査タイトル) に (個数) が見つかりました。
The error message

原因

Survey123 for ArcGIS では、送信される 1 件の調査につき、1 つのジオメトリ レコードしか作成できません。

解決策または対処法

複数のジオポイントを持つ調査を構成するには、次のいずれかの回避策を選択します。

繰り返しを使用する

Survey123 Connect for ArcGIS 3.0 以降のバージョンでは、繰り返しを使用することで複数のジオポイントを構成できます。 繰り返しにより、主な調査テーブルにリンクする関連テーブルが作成され、そこに追加のジオメトリを格納し、マップにポイントを追加します。 この方法は、従業員の個人情報の収集、患者とその緊急連絡先の位置の特定、大学院生と対応する現場作業の位置に関する詳細情報の収集などに適しています。

この例では、1 つの調査で 2 つのジオポイントが構成され、患者と、それぞれの緊急連絡先の位置を特定します。 2 件の調査を送信すると、マップ上に 4 つのポイントが作成されます。 次の手順を実行し、繰り返しを使用して複数のジオポイントを含む調査を作成します。

  1. Survey123 Connect for ArcGIS の [Advanced] テンプレートを使用し、調査を作成します。
  2. 次の手順に従い、Excel フォームに繰り返しを構成します。
    1. 1 つのジオポイントの質問は、繰り返しの外部にあります。
    2. もう 1 つのジオポイントの質問は、繰り返しの内部にあります。
    3. [repeat_count] 列で繰り返しの数を指定します。
      この例では、[Patient's Location] は繰り返しの外部のジオポイントで、緊急連絡先の [Location] が繰り返しの内部のジオポイントです。 繰り返し数が 1 の場合は、繰り返し内部のジオポイントを表す 1 つのポイントが追加でマップ上に描画されます。
Configure the form using repeats
  1. [Save Edits] をクリックします。
  2. 調査を公開します。

以下に、ユーザー側から見た調査を示します。 2 つのジオポイントが調査で正常に構成されています。

The survey from the user's end

調査のエントリが送信されると、ポイントがマップ上に描画され、マップ ビューアーに表示されます。 以下に、2 つのエントリを送信した後に収集されたデータを示します。 マップ上に、2 人の患者と、それぞれの緊急連絡先の位置が描画されます。

This shows the points collected in map viewer.
注意:
関連テーブルは、属性テーブルで [表示] The Show icon をクリックすると表示されます。 以下に、単一の関連レコードを含む調査の例を示します。

One repeat count

複数の繰り返しがある場合、各繰り返しを表す各ポイントにより、関連テーブルに新しい行が作成されます。 同じ行に、複数のポイント レコードを格納することはできません。

Four repeat counts


後続のジオポイントに対して NULL 値を使用する

Survey123 Connect for ArcGIS 2.4 以降のバージョンでは、Excel フォームの [bind::esri:fieldType] 列に NULL 値を指定できます。 NULL 値により、後続のジオポイントをジオメトリとしてではなく X フィールドと Y フィールドに格納できるため、複数のジオポイントを構成できます。 この方法は、調査で複数のポイントの X データと Y データを検索する場合に適しています。 たとえば、トレジャー ハント ステーションの候補位置、住宅地のバス停の位置、考古学的発掘調査の場所などです。

この例では、1 件の調査で 3 つのジオポイントを構成し、マラソン コースのスタート、中間地点、ゴールを決定します。 次の手順を実行し、NULL 値を使用して複数のジオポイントを含む調査を作成します。

  1. Survey123 Connect for ArcGIS の [Advanced] テンプレートを使用し、調査を作成します。
  2. 次の手順に従い、Excel フォームに NULL 値を構成します。
    1. 1 つのジオポイントの質問。
    2. [bind:esri:fieldType] 列を null に指定した 1 つ (またはそれ以上) のジオポイントの質問。
Using null values
  1. ジオポイントから抽出する必要がある X フィールドと Y フィールドの数に応じて、複数の小数の質問。 [calculation] 列には pulldata() 関数が構成されています。
Extract xy values using the pulldata function
  1. [Save Edits] をクリックします。
  2. 調査を公開します。

以下に、ユーザー側から見た調査を示します。 3 つのジオポイントが調査で正常に構成されています。

Survey at the user's end.

以下に、3 つのジオポイントを含むエントリを送信した後に収集されたデータを示します。 [bind::esri::fieldType] 列で NULL 値が設定されていない 1 つのジオポイントのみが、マップ上に描画されています。 NULL 値が構成されたジオポイントは、マップに描画されません。 これらのジオポイントの X データと Y データは、属性テーブルにリストされます。

Result in Map Viewer

関連情報

更新日時: 6/20/2019

記事 ID: 000019996