日本語

操作手順: ArcGIS Desktop の TLS 1.2 接続の整合チェック

概要

ArcGIS Online との TLS 1.2 のみの接続が ArcGIS Desktop システムで機能することを確認する簡単な整合チェックを実行するために、次のワークフローとテスト URL が提供されています。

注意:
ここに提供されている URL は、ArcGIS Online のすべての機能をテストするためのものではありません。 これは、次に説明する Desktop クライアントの整合チェック ワークフロー専用に提供されています。

手順

  1. ArcGIS Desktop バージョン 10.6.1 以下を実行しているコンピューターで ArcGIS Administrator を起動します。
  2. ArcGIS Administrator のパネルで、[高度な設定] ボタンをクリックします。
User-added image
  1. [詳細構成] ダイアログで、[ポータル接続の管理] をクリックします。
image of Advanced Configuration dialog
  1. [Portal for ArcGIS 接続の管理] ダイアログで、[追加] をクリックします。
image of Manage Portal for ArcGIS Connections dialog box
  1. [Portal for ArcGIS の追加] ダイアログで、TLS 1.2 テストのエンドポイントになる ArcGIS Online 接続を追加します。
    https://www-tlstest.arcgis.com/
image of Add Portal for ArcGIS dialog box
  1. [OK] をクリックして、[Portal for ArcGIS 接続の管理] ダイアログで、新しい接続をクリックし、[接続] をクリックします。
image of the Manage Portal for ArcGIS Connections dialog
  1. [詳細構成] ダイアログで [保存] をクリックし、新しい接続設定を保存して、[OK] をクリックして ArcGIS Administrator を閉じます。
  2. ArcCatalog (ArcMap ではありません) を起動します。ArcCatalog のメイン メニューの [Windows] タブで、[検索] をクリックします。
image of menu
  1. 検索オプション ドロップダウンで、[ArcGIS Online] を選択します。
image of search options drop-down
  1. 以下の図のように検索フィールドにテキスト (states など) を入力して、虫眼鏡アイコンをクリックします。
image of search results

次のようなエラー メッセージが返された場合:
エラー:
使用されていた接続が閉じられました。送信時に予期しないエラーが発生しました。
image of error
  1. ArcGIS Desktop TLS パッチを適用します。「操作手順: ArcGIS Desktop に TLS 1.2 パッチをインストールする」をご参照ください。
  2. 上記の手順 9 と 10 を繰り返して、ArcGIS Online からデータを追加できることを確認します。
接続エラーが発生しなかった場合、整合チェックは完了し、ArcGIS Desktop は TLS 1.2 接続を通じて ArcGIS Online と連携して動作するように設定されています。

関連情報