日本語

操作手順: ArcGIS Pro で画像をスタイルとしてインポートする

概要

ArcGIS Pro では、フィーチャはデフォルトの Esri シンボル セットを使用してシンボル表示されます。 カスタム シンボルが必要な場合は、[スタイル] オプションで画像をピクチャ マーカー シンボルとしてインポートし、その画像をマップのスタイルとして使用することができます。

手順

以下の手順は、ArcGIS Pro に画像をスタイルとしてインポートする方法を説明しています。

  1. ArcGIS Pro で、新しい空のプロジェクトを開きます
  2. カスタム シンボルに個人用のスタイルを作成することをお勧めします。 新しいスタイルを作成するには、「ArcGIS Pro ヘルプ: プロジェクトでの新規スタイルの作成」をご参照ください。
  3. [カタログ] で、[スタイル] ドロップダウン リストをクリックし、新しく作成したスタイルを選択します。 スタイルを右クリックし、[管理] を選択します。

    User-added image
     
  4. 空きスペースを右クリックして、[新規] を選択します。

    User-added image
     
  5. デフォルトでは、[ポイント シンボル] が表示されます。 [ポイント シンボル] をクリックして編集します。
  6. [ポイント シンボル] ウィンドウで、目的の [名前][キー] を設定します。 [適用] をクリックします。

    User-added image
     
  7. [プロパティ] をクリックします。
  8. [レイヤー] アイコンをクリックし、ドロップダウン リストから [ピクチャ マーカー] を選択します。
  9. [表示設定] ドロップダウン リストで、[ファイル] をクリックして画像を選択します。 必要に応じて、[位置][回転]、および [オフセット距離] を調整します。 [適用] をクリックします。

    User-added image
     
新しいシンボルをレイヤーに適用するには、[コンテンツ] ウィンドウでレイヤー シンボルをクリックして [シンボル] ウィンドウを開きます。 上記の手順を使用して作成されたピクチャ マーカー シンボルは、新しく作成されたスタイル セクションの下にあります。

User-added image
 

関連情報