日本語

問題: [ラスターの分割 (Split Raster)] ツールを実行するとラスターのピクセル深度が変更される

説明

[ラスターの分割 (Split Raster)] ツールを使用し、分割方法に [ポリゴン フィーチャ] を選択してフィーチャクラス内のラスター データセットを分割すると、出力ラスターのピクセル深度と NoData 値が変更されます。 たとえば、[ラスターの分割 (Split Raster)] ツールで 8 ビット ラスター データを入力し、グリッドを含むポリゴン フィーチャクラスを使用してラスターを分割すると、出力ラスターのピクセル深度は 16 ビットになり、NoData 値は 256, 256, 256 に変更されます。

以下の図は、[ラスターの分割 (Split Raster)] ツールを実行する前のラスター データセットのプロパティを示しています。



以下の図は、[ラスターの分割 (Split Raster)] ツールを実行した後の出力ラスター プロパティを示しています。 ピクセル深度が 16 ビットに増加し、NoData 値が 256, 256, 256 に変更されています。


 

原因

これは既知の問題です。クリップ ポリゴン フィーチャのアウトラインが単一のラスター セルと交差する場合に発生します。 詳細については、BUG-000116630 をご参照ください。

以下の図は、ラスターと重なり合っているグリッド フィーチャ (オレンジ色で囲んだ部分) を示しています。 中央の黄色の四角形は、グリッド ポリゴンが交差しているラスター セルです。

An image of the clip polygon intersecting the raster pixel.
 

解決策または対処法

この問題を解決するには、ArcMap または ArcGIS Pro で次のいずれかの回避策を実行します。

[ラスターの分割 (Split Raster)] ツールで NoData 値を制限する
[ラスターの分割 (Split Raster)] ツールを実行する際、[NoData 値] パラメーターをラスター データセットのピクセル深度の容量範囲内の値に設定します。 たとえば、8 ビット ラスターを維持するには、0 ~ 255 の値を設定します。 さまざまなピクセル深度値の範囲の詳細については、「ラスター データセット セルのビット深度の容量」をご参照ください。

An image of the Split Raster dialog box.

出力ラスター データセットは元のピクセル深度を維持しますが、NoData 値は [ラスターの分割 (Split Raster)] ツールの実行時に設定した値が設定されます。 NoData 値を編集または削除するには、「ラスター データセットの NoData 値の編集」をご参照ください。

An image of the NoData Editor dialog box.

[クリップ (Clip)] ツールを使用してラスターを各ポリゴンにクリップする

  1. ポリゴン フィーチャクラスを個々のグリッド ピースまたはポリゴンに分割します。 次のいずれかのオプションを使用して、グリッドまたはポリゴンを分割します。
    • 新しいフィーチャクラスにエクスポートするグリッドまたはポリゴンを選択します。 [コンテンツ] ウィンドウ (ArcMap) または [コンテンツ] (ArcGIS Pro) でレイヤーを右クリックし、[データ][フィーチャのエクスポート] の順にクリックします。 各グリッドまたはポリゴンに対して、以下を実行します。
    • [属性条件でスプリット (Split By Attributes)] ツールを使用して、特定のフィールドで複数のフィーチャを分割します。 たとえば、個々のグリッド エリアのゾーン名を指定する「Zones」という名前のフィールドでフィーチャを分割します。
    • [マルチパート フィーチャの分解] ツールを使用して、属性値を維持しながらマルチパート フィーチャをシングルパート フィーチャに分離します。 ArcMap での実行手順については「マルチパート フィーチャの分離 (マルチパートの分解)」を、ArcGIS Pro での実行手順については「マルチパート フィーチャの分解」をご参照ください。
  2. ステップ 1 の出力ポリゴンを使用してラスターをクリップするには、[クリップ (Clip)] (データ管理) ツールを使用します。 この手順を繰り返して、ラスターを各ポリゴンにクリップします。
    1. [ArcToolbox] または ArcGIS Pro の [ツールボックス] で、[データ管理ツール][ラスター][ラスター プロセシング][クリップ (Clip)] の順に移動します。
    2. [クリップ (Clip)] ダイアログ ボックスで、[入力ラスター] を選択します。
    3. [出力範囲] で、分割したポリゴン フィーチャクラスを選択します。
    4. [入力フィーチャをクリップ ジオメトリとして使用] オプションのチェックボックスをオンにします。
    5. [出力ラスター データセット] に名前と場所を設定します。
    6. [NoData 値] パラメーターに自動設定された値を削除し、[OK] または [実行] をクリックします。

      An image of the NoData Editor dialog box.

      クリップされたラスター データセットがマップに表示されます。 出力ラスターは、元のラスター ピクセルの深度と NoData 値を維持します。

関連情報