日本語

操作手順: ArcGIS Desktop で TLS 1.2 を使用するよう Windows を構成する

概要

注意:
これは、ArcGIS Desktop で TLS 1.2 を使用するために任意で行う構成です。 推奨手順を含むその他の方法については、「FAQ: ArcGIS Desktop で TLS 1.2 を有効にするにはどうすればよいですか」をご参照ください。

ArcGIS Online のセキュリティを向上するための取り組みの一環として、Esri では ArcGIS Online サービスに対して TLS 1.2 接続を義務付けています。 これらのサービスをご利用いただくには、作業が必要となります。

次に、Windows オペレーティング システムで TLS 1.2 を設定する方法を説明します。 これにより、Microsoft .NET Framework に依存するシステム上のすべてのアプリケーションで、TLS 1.2 を使用するようになります。

注意:
.NET 環境で TLS 1.2 を有効にするよう設定しても、ArcGIS には問題は起こりません。ただし、他の .NET アプリケーションで TLS のデフォルト動作を設定すると、影響が及ぶ場合があります。   必要な場合は、コンピューター システムの専門家に相談してください。

手順

注意:
ArcGIS Desktop で TLS 1.2 を構成し、テストした後は、Esri サポートの TLS ページに戻り、他の Esri 製品で TLS 1.2 を使用する手順をご確認ください。

Windows で TLS 1.2 を有効にする手順は、システムにインストールされた .NET Framework のバージョンによって異なります。 Esri では、可能であれば .NET4 を使用するよう推奨しています。

  1. 使用している .NET のバージョンを確認してください。 この情報は、次の Microsoft ヘルプ ドキュメントから入手できます。
    方法: インストールされている .NET Framework バージョンを確認する
  2. .NET4 がすでにインストールされている場合は、次の手順に従って Windows OS で TLS 1.2 を構成します。
    1. 圧縮ファイルTLS_NET4.zip をダウンロードします。
    2. 圧縮ファイルの内容を展開し、TLS_NET4.reg ファイルをダブルクリックして、適切な Windows レジストリ キーを作成します。
    3. ArcGIS Online との TLS 1.2 接続をテストします。
  3. .NET4 がシステムにまだインストールされていない場合は、インストールすることをお勧めします。
    1. .NET4 は Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
      Microsoft .NET Framework 4.7 (Web インストーラー)
    2. 上記のセクション B の手順に従います。
  4. お使いのシステムで .NET バージョン 3.5.1 を使用していて、.NET 4 にアップグレードできない場合は、次の手順に従って TLS 1.2 を有効にします。
    1. Microsoft アップデートをインストールして、 TLS 1.2 を有効にします。Microsoft では、すべてのオペレーティング システムのアップデートをインストールすることを推奨しています。 .NET Framework でのトランスポート層セキュリティ (TLS) のベスト プラクティス: 「.NET Framework 3.5 で TLS 1.2 をサポートするための要件」をご参照ください。
      次の TLS 1.2 の更新が利用可能です:
    2. 圧縮ファイルTLS_NET35.zip をダウンロードします。
    3. TLS_NET35.reg ファイルを展開し、ダブルクリックして適切な Windows レジストリ キーを作成します。
    4. ArcGIS Online との TLS 1.2 接続をテストします。
注意:
ArcGIS Desktop の各リリース バージョンのサポートの状況については、Esri サポート サイトの製品ライフ サイクルのページをご参照ください。

関連情報