日本語

操作手順: ArcGIS Pro シーン レイヤーで、LIDAR データ上にベースマップをドレープする

概要

3D シーンで、LIDAR データ (LAS) 上にベースマップをドレープすると、LAS データが高品質な標高モデルを作成するため、マップの外観がより写実的になります。 ベースマップをドレープする前に、LAS データをデジタル標高モデル (DEM) または数値表層モデル (DSM) のいずれかに変換する必要があります。

手順

以下の手順は、LAS データを DEM または DSM に変換する方法について説明しています。 この例では、衛星画像ベースマップを使用しています。

  1. LAS データから LAS データセットを作成します。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで、作成した LAS データセットを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスで、[LAS フィルター] セクションをクリックし、次のオプションのいずれかを選択します。
    1. DEM に変換するには、[分類コード] セクションの下にある [2 地表] チェックボックスをオンにします。
      The Layer Properties dialog box
       
    2. DSM に変換するには、[分類コード] セクションおよび [戻り値] セクションの下にある [すべて] チェックボックスをオンにします。
      The Layer Properties dialog box
  4. [OK] をクリックして [レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  5. [データ] タブで、[管理] グループの [エクスポート] アイコンをクリックし、[ラスター] をクリックして、[LAS データセット → ラスター (LAS Dataset to Raster)] ツールを開きます。
    1. [入力 LAS データセット] で、作成した LAS データセットを選択します。
    2. [出力ラスター] で、名前と場所を設定します。
    3. [値フィールド][標高] に設定されていることを確認します。
    4. [実行] をクリックして、このツールを実行します。
作成された DEM (上の図) レイヤーまたは DSM (下の図) レイヤーが、[2D レイヤー] セクションの下の [コンテンツ] ウィンドウに表示されます。
The DEM from the LAS dataset is created
The DSM is created
  1. LAS データセット上に衛星画像ベースマップをドレープするには、作成された DEM または DSM のいずれかを標高ソースとして標高サーフェスに追加します。 詳細については、「ArcGIS Pro: カスタム標高サーフェス」をご参照ください。
次の図は、DEM (上の図) および DSM (下の図) の上にドレープされた衛星画像ベースマップを示しています。
The imagery basemap is draped over the DEM created
The imagery basemap is draped over the DSM created

関連情報