日本語

問題: ArcGIS Pro で、バージョン非対応データに対する編集内容を保存することも破棄することもできない

説明

ArcGIS Pro で、エンタープライズ ジオデータベースのバージョン非対応データを編集するときに、[保存] ボタンおよび [破棄] ボタンが利用不可になります。

ArcGIS Pro Manage Edits group with Save and Discard buttons greyed out

原因

これは、バージョン非対応データの編集がエンタープライズ ジオデータベース内のデータ ソースを直接編集するため、仕様通りの振舞いです。 ArcGIS Pro では、バージョン非対応データの編集内容は、フィーチャまたは属性値が変更されたときに、直ちに保存されます。 そのため、エンタープライズ ジオデータベース内のデータがバージョン非対応である場合、[編集の管理] グループ内の [保存] ボタンおよび [破棄] ボタンが利用不可になります。

解決策または対処法

[保存] ボタンおよび [破棄] ボタンを有効化するには、次のいずれかの方法を使用します。

バージョン対応登録されたデータの使用
データ ソースが、複数のユーザーによってアクセスおよび編集することができる環境内にある場合、ArcGIS Pro で保存機能または破棄機能を使用するバージョン対応登録されたデータとして、データを登録することをお勧めします。 ArcGIS Pro でのデータのバージョン対応登録の詳細については、「ArcGIS Pro: データのバージョン対応登録」をご参照ください。

ファイル ジオデータベース内のデータの編集
デフォルトでは、プロジェクト内の編集内容を保存または破棄するときに、ユーザーは、行った編集内容を確認するよう求められます。 データに対する編集内容を、保存または破棄する前に確認するには、ArcGIS Pro で編集内容を保存または破棄する機能を可能にする環境内で編集を実行します。 エンタープライズ ジオデータベースからデータのコピーを作成し、それをファイル ジオデータベースに保存します。 ファイル ジオデータベースは、ローカル コンピューターまたはネットワーク ドライブのいずれに格納されていても、編集内容を保存または破棄する機能を可能にします。

関連情報