日本語

エラー: パラメーターが見つからないか無効です

エラー メッセージ

ArcGIS Pro で [エンタープライズ ジオデータベースの作成 (Create Enterprise Geodatabase)] または [エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ツールを実行しようとすると、次のエラー メッセージが返されます。

エラー: 
パラメーターが見つからないか無効です。

原因

すべての入力パラメーターが正しく入力されていてもエラーが解決しない場合は、現在使用されている認証ファイル (keycodes.ecp) をツールが認識していないか、ファイルが無効であることが原因の可能性があります。

解決策または対処法

ソフトウェア認証ウィザードを使用して、認証ファイルを再生成します。 次の手順に従います。

  1. 以下のフォルダー パスにあるソフトウェア認証ウィザード (SoftwareAuthorization.exe) を開きます。
    C:\Program Files (x86)\Common Files\ArcGIS\bin
  2. [ソフトウェア認証ウィザード] ウィンドウの [認証オプション] で、[ソフトウェアをインストール済みで、認証する必要がある。] を選択します。
  3. [認証する製品] の下で、[ArcGIS Server] を選択します。
  4. [認証方法] で、[インターネットを使用して今すぐ Esri で認証。] を選択します。
  5. 必要な情報を入力し、[次へ] をクリックします。
  6. 組織の情報を入力し、[次へ] をクリックします。
  7. [ArcGIS for Server のソフトウェア認証番号] には、My Esri の ArcGIS for Server Enterprise 認証情報で受信した ECP 番号を入力します。
  8. [オプション][今回はエクステンションを認証しない。] を選択し、[次へ] をクリックします。
  9. チェックボックスをオフにして、[次へ] をクリックします。
  10. 完了したら、次のディレクトリに生成されたキーコード ファイルを確認します。
    C:\Program Files (x86)\Esri\License10.x\sysgen
  11. ファイルのコピーを作成し、ファイル名に *.ecp 拡張子を追加します。 アイコンが ECP コピー防止ファイル形式を表す鍵の絵に変わります。 ファイルを使用してデータベースを再認証します。

関連情報