日本語

操作手順: ArcGIS Desktop Basic または Standard ライセンスを使用してポリゴン フィーチャをポイント フィーチャに変換する

概要

ポイント フィーチャへのポリゴン フィーチャの変換は、Production Mapping ライセンスで利用可能な [プロダクト ポリゴン → ポイント (Production Polygon to Point)] ツールまたは ArcGIS Desktop Advanced ライセンスで利用可能な [フィーチャ → ポイント (Feature To Point)] ツールを使用して実行できます。 変換は、Basic ライセンスまたは Standard ライセンスでも可能です。

下の図は、米国北東部の森林保護区のポリゴンを示しています。 各ポリゴンの最大範囲、最小範囲、および内部の重心を表すポイントが決定されます。

This is the polygons of forest reserve areas.

手順

ArcGIS Desktop Basic または Standard ライセンスを使用してポリゴン フィーチャをポイント フィーチャに変換するための手順は、次のとおりです。

  1. ArcMap で、[検索] ボタンをクリックして、[ジオメトリ属性の追加 (Add Geometry Attributes)] ツールを検索します。 [ジオメトリ属性の追加 (Add Geometry Attributes)] ツールをクリックして、[ジオメトリ属性の追加 (Add Geometry Attributes)] ダイアログ ボックスを開きます。
    1. [入力フィーチャ] で、ドロップダウン メニューからポリゴン レイヤーを選択します。
    2. [ジオメトリ プロパティ] で、特定の選択セットの目的のプロパティをオンにします。
      注意:
      ポイント フィーチャを作成するためのオプションは、[重心の座標][中心点の座標]、および [範囲の座標] (最小範囲および最大範囲の両方を作成する) です。 複数の選択を行うことができます。 重心位置を見つけるための代替方法については、「操作手順: フィーチャの重心を計算する」または「操作手順: [ジオメトリ演算] を使用してポリゴンの重心を見つける」をご参照ください。
    3. デフォルトの座標系が入力フィーチャの座標系に一致しない場合、[座標系 (オプション)] を指定します。
    4. [OK] をクリックします。
       

      This is the Add Geometry Attributes dialog box.

      選択したジオメトリ プロパティに基づいて、出力ポイント フィーチャに関する情報が属性テーブルに追加されます。


      This is the Geometry Properties added to the attribute table.
       
  2. ステップ 1 の出力に基づいてポイント レイヤーを作成することによって、マップ ビュー上のポイント フィーチャを投影変換します。 [検索] ボタンをクリックして、[XY イベント レイヤーの作成 (Make XY Event Layer)] ツールを検索します。 [XY イベント レイヤーの作成 (Make XY Event Layer)] ツールをクリックして、[XY イベント レイヤーの作成 (Make XY Event Layer)] ダイアログ ボックスを開きます。
    1. [XY テーブル] で、ポリゴン レイヤーを選択します。
    2. [X フィールド] および [Y フィールド] で、ステップ 1 で指定した [ジオメトリ プロパティ] 出力の X フィールドおよび Y フィールドを選択します。 一度に投影変換できるジオメトリ プロパティは 1 つだけです。
    3. デフォルトの座標系が入力フィールドの座標系に一致しない場合、[空間参照 (オプション)] を指定します。
    4. [OK] をクリックします。 ステップ 2 を繰り返して、マップ上で他のジオメトリ プロパティを投影変換します。
       
      This is the Make XY Event Layer dialog box.
       
      注意:
      ポイント フィーチャがマップ ビューに表示されない場合、[ジオプロセシング][ジオプロセシング オプション] の順に移動して、バックグラウンド ジオプロセシングを無効化します。 [バックグラウンド処理] セクションで [有効化] オプションをオフにし、[OK] をクリックします。
      
      This is the Geoprocessing Options dialog box.
      

      下の図は、各ポリゴンの最大範囲、最小範囲、および内部の重心を示しています。 [XY イベント レイヤーの作成 (Make XY Event Layer)] ツールが 3 回実行されて、3 つのジオメトリ プロパティを投影変換します。


      Point features created from the polygon features are represented on the map.
       
      注意:
      [XY イベント レイヤーの作成 (Make XY Event Layer)] ツールによって作成されたレイヤーは一時的であり、現在の ArcMap セッションに制限されます。 永続的なレイヤーを作成するには、データをエクスポートする必要があります。
  3. [フィーチャのコピー (Copy Features)] ツールを使用して、ステップ 2 で作成されたポイント フィーチャを含むフィーチャクラスを作成します。 [検索] ボタンをクリックして、[フィーチャのコピー (Copy Features)] ツールを検索します。 [フィーチャのコピー (Copy Features)] ツールをクリックして、[フィーチャのコピー (Copy Features)] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「ArcGIS ヘルプ: フィーチャのコピー (Copy Features)」をご参照ください。 ポイント フィーチャクラスを作成して、ポイント フィーチャをジオデータベースに格納します。

関連情報