日本語

操作手順: 重複しているポイント フィーチャ シンボルをオフセットする

概要

同じ位置で重複しているポイント フィーチャを含んでいるフィーチャクラスを操作しているときに、多数の重複しているポイントを個別に表示したい場合があります。 たとえば、次の図は選択された 1 つのポイント フィーチャ シンボルを示していますが、属性テーブルに表示されているように、実際には 8 つのポイント フィーチャがこの位置で重複しています。

An image of the overlapping point feature symbols.

手順

ArcMap を使用して、重複しているポイント フィーチャ シンボルをオフセットすることができます。 1 番目のオプションは、Maplex ラベル エンジンを使用してすべてのポイント フィーチャのラベルを作成し、重複しているフィーチャのラベルを移動します。 その他のオプションは、[マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ツールを使用して、ポイント フィーチャ シンボルを分散させます。

Maplex ラベル エンジンを使用する

この方法は、シンボルをレイヤーに適用するのではなく、シンボルを使用してポイント フィーチャにラベルを付けます。 Maplex ラベル エンジンは、1 番目のラベルをそのポイントの位置に配置し、その後の重複しているポイント フィーチャのラベルを移動します。

注意:
1 つの位置に 10 個未満の重複するポイント フィーチャを含んでいるレイヤーの場合は、この方法をお勧めします。 場合によっては、Maplex ラベル エンジンは、ラベリング設定に起因して、重複しているポイント フィーチャの一部をマップに表示できません。
  1. ポイント レイヤーのシンボルの色を [色なし] に設定します。 レイヤーがシンプル マーカー シンボルを使用している場合は、[アウトラインの使用] オプションをオフにしてアウトラインを非表示にします。 または、レイヤーをオフにして、シンボルの描画を止めます。
    1. [コンテンツ ウィンドウ] でポイント レイヤーをダブルクリックして、[レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
    2. [シンボル] タブをクリックします。
    3. [シンボル] ボタンをクリックして [シンボル選択] ダイアログ ボックスを開き、[色][色なし] に変更し、[サイズ][1] に設定します。
    4. 必要に応じて、[シンボルの編集] をクリックして [シンボル プロパティ エディター] ダイアログ ボックスを開き、[アウトラインの使用] オプションをオフにします。

      An image of the Symbol Property Editor dialog box.
       
    5. すべてのダイアログ ボックスで [OK] をクリックして、シンボルの設定を適用します。
  2. ポイント レイヤーのラベリングを有効化します。 レイヤーを右クリックし、[フィーチャのラベル作成] を選択します。
  3. [ラベリング] ツールバーを追加し、[Maplex ラベル エンジン] を有効化します。 これを実行する手順については、「演習 1: Maplex ラベル エンジンの有効化とラベリング ツールバーの追加」をご参照ください。
  4. ラベル マネージャーで Maplex ラベル エンジンを使用して、ポイント フィーチャのラベルを作成します。
    1. [ラベル マネージャー] ダイアログ ボックスの [テキスト シンボル] セクションの下で、[シンボル] をクリックします。
    2. [シンボル選択] ダイアログ ボックスで、[シンボルの編集] をクリックします。
    3. マーカー テキスト背景を設定し、目的のシンボルを使用してフィーチャにラベルを付けます。 マーカー テキスト背景を使用してラベルを作成する手順についてドキュメント「高速道路標識または他のマーカー内のテキスト」を参照し、[シンボル] をクリックして目的のシンボルを選択します。
    4. すべてのダイアログ ボックスで [OK] をクリックして、[ラベル マネージャー] ダイアログ ボックスに戻ります。
  5. ラベルが重ならないように、ラベルの配置を設定し、ラベルの位置を調整します。
    1. [配置プロパティ] セクションで、[ラベルを改行] をオフにして、[プロパティ] をクリックします。
    2. ラベル位置を設定し、[最適位置] 配置オプションを選択します。
    3. ラベル オフセットを設定し、好みのオフセット値を入力して、ラベルとそのフィーチャの間の距離を制御します。
    4. ラベル バッファー距離を指定して、ラベル間のスペースを変更します。 これによって、ラベルを近接して配置してスペースを空け、さらに多くのラベルを配置することができます。
    5. [OK] をクリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じ、ラベル設定を適用します。

次の図は、Maplex ラベル エンジンを適用することによって分散された、ポイント フィーチャのラベルを示しています。

注意:
すべてのポイントを表示するために、[ラベル マネージャー] ウィンドウでオフセット値を増やす必要がある場合があります。
An image of the dispersed points drawn as labels using Maplex Label Engine.
[マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ツールを使用する

この方法は、ポイント フィーチャの元の座標を変更せずに、重複しているすべてのポイント フィーチャを表示します。 [マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ツールは、重複しているリプレゼンテーション マーカーを検出し、最小間隔および分散パターンに基づいて分散させます。

注意:
このワークフローを実行するには ArcGIS Desktop Advanced ライセンスが必要です。
  1. フィーチャクラスのシンボルをリプレゼンテーションに変換します。 これを実行する手順については、「リプレゼンテーションの作成」をご参照ください。
  2. [マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ツールを使用して、ポイント フィーチャ シンボルを分散させます。
    1. [ArcToolbox] で、[カートグラフィ ツール][カートグラフィックの調整][マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] の順に移動します。
    2. [マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ダイアログ ボックスでパラメーターを指定して、[環境] をクリックします。

      An image of the Disperse Markers dialog box.
       
    3. [環境設定] ダイアログ ボックスで、[カートグラフィ] 設定を展開します。
    4. [基準縮尺] に値を入力し、シンボルが意図したサイズで表示される縮尺を定義します。 たとえば、10,000 を挿入すると、マップを 1:10,000 の縮尺にズームしたときに、シンボルが意図したサイズで表示されます。

      An image of the Environment Settings dialog box.
       
    5. [OK] をクリックして、[環境設定] ダイアログ ボックスを閉じます。
    6. [マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックして、ツールを実行します。

次の図は、[マーカー シンボルの分散 (Disperse Markers)] ツールを使用して分散されたポイント フィーチャ シンボルを示しています。

An image of the dispersed marker symbols.

関連情報