日本語

操作手順: マルチポイント フィーチャを含んでいる XY データ テーブルから個別のポリゴン フィーチャを作成する

概要

場合によっては、緯度と経度を使用するマルチポイント フィーチャを含んでいる XY データ テーブルから作成されたポリゴン フィーチャは、重複することがあります。 重複しているポリゴン フィーチャは不完全であることがあり、追加のポリゴン フィーチャが作成されることがあります。 ポリゴン フィーチャが別のポリゴン フィーチャと交差し、それらのポリゴンがいくつかのセグメントに分割されて、下の図に示されているように追加のポリゴン フィーチャが生成されます。
Overlapping polygons

手順

ArcMap で、マルチポイント フィーチャを含んでいる XY データ テーブルから個別のポリゴン フィーチャを作成する手順は、以下のとおりです。

  1. ArcMap で [Excel → テーブル (Excel To Table)] ツールを使用して、Excel ファイル内の XY データをテーブルに変換し、XY データをレイヤーとして追加します。 詳細な手順については、「操作手順: XY データ テーブルからポリゴンを作成する」のステップ 1 をご参照ください。
  2. 変換された XY データ レイヤーに対して、最小境界ジオメトリを指定して [ジオメトリの最小範囲 → ポリゴン (Minimum Bounding Geometry)] ツールを実行し、入力フィーチャに基づいて個別のポリゴン フィーチャを作成します。
    1. [ジオプロセシング] タブをクリックして、[ArcToolbox] を選択します。
    2. [ArcToolbox][データ管理ツール][フィーチャ][ジオメトリの最小範囲 → ポリゴン (Minimum Bounding Geometry)] の順に移動します。
    3. [ジオメトリの最小範囲 → ポリゴン (Minimum Bounding Geometry)] ダイアログ ボックスで、[入力フィーチャ] ドロップダウン矢印をクリックし、XY データ レイヤーを選択します。 [出力フィーチャクラス] で、名前と場所を設定します。

      Minimum bounding geometry dialog box
       
    4. [ジオメトリ タイプ (オプション)][CONVEX_HULL] に設定します。
      注意:
      CONVEX_HULL ジオメトリ タイプは、入力フィーチャに基づいてシンプルな閉じたポリゴンの最小境界を形成します。
    5. [グループ オプション (オプション)][LIST] に設定します。
    6. [グループ フィールド (オプション)] で、ポリゴンを作成するために必要な場合、1 つ以上のフィールド (たとえば、ポリゴン名) をオンにします。 [OK] をクリックして、ポリゴンを確認します。
      注意:
      LIST グループ オプションは、指定されたフィールドに格納された値に基づいて入力フィーチャをグループ化します。 LIST オプションを使用するには、1 つ以上のグループ フィールドを選択する必要があります。 グループ フィールドは、入力フィーチャ内の 1 つ以上のフィールドに基づいてフィーチャをグループ化します。 

下の画像は、マルチポイント フィーチャを含んでいる XY データ テーブルからの個別のポリゴン フィーチャを示しています。


Output results
 

関連情報