日本語

操作手順: ArcGIS Pro でデータベース テーブルを追加するときに、既存のフィールドを ObjectID フィールドとして選択する

概要

ArcGIS のすべてのレイヤーには一意識別子が必要です。 一意識別子フィールド内の値は、ArcGIS 内の行またはフィーチャ オブジェクトを識別するため、このフィールドの値は常に一意であり、かつ NULL でない必要があります。 ArcGIS は、クエリ レイヤーまたはデータベース テーブルで使用される一意識別子フィールド内の値の一意性を強制しません。 ユーザーは、このフィールド内の値が要件を満たすようにする必要があります。

ArcGIS Pro で、データベース テーブルを [カタログ] ウィンドウからドラッグしてマップに追加するときに、ArcGIS は、デフォルトで、1 番目の NULL でないフィールドを一意識別子フィールドまたは ObjectID フィールドとして使用します。 ただし、一意でない値を含む NULL でないフィールドは、データベース テーブルに対してクエリを実行したときに、一貫性のない結果をもたらすことがあります。

手順

データベース テーブルを [カタログ] ウィンドウからマップにドラッグする代わりに、クエリ レイヤーをマップに作成することによって、データベース テーブルを追加します。 ObjectID フィールドとして使用するデータベース テーブル内のフィールドを選択します。 クエリ レイヤーを追加して、ObjectID フィールドとしてフィールドを選択するには、下記の手順に従います。

  1. プロジェクトを開いている状態で、[データの追加] をクリックして、[クエリ レイヤー] クリックします。
  2. [新しいクエリ レイヤー] ダイアログ ボックスで、テーブルが格納されている接続済みのデータベースを [接続] ドロップダウン リストから選択します。
    注意:
    プロジェクトに接続が存在していない場合は、[新しいデータベース接続] ボタン The new database connection button. を選択して、テーブルが格納されているデータベースへの新しい接続を作成します。 データベース接続の詳細については、「ArcGIS Pro: ArcGIS Pro でのデータベース接続」をご参照ください。
  3. [テーブルの一覧] の下で、データベース テーブルを選択します。
  4. [整合チェック] をクリックします。 データベース テーブルが整合チェックされたら、[次へ] をクリックします。
  5. [一意識別子フィールド] の下で、一意識別子フィールドにするフィールドをオンにします。
  6. [完了] をクリックします。ObjectID フィールドとして選択した一意識別子フィールドを含むクエリ レイヤーが作成されます。

関連情報