日本語

エラー: クロス オリジン リクエストがブロックされました

エラー メッセージ

ArcGIS Server REST Directory を介した ArcGIS Server サービスへのアクセスが失敗し、次のエラーを返します。

エラー:
クロス オリジン リクエストがブロックされました: 同じオリジン ポリシーが、次の場所でのリモート リソースの読み取りを許可しません: https:///portal/sharing/generateToken?request=getToken&serverURL

 

原因

Portal for ArcGIS の [オリジンの許可] 設定の下に、完全修飾ドメイン名 (FQDN) がリスト表示されます。 この設定にリスト表示されたドメインは、ブラウザーから送信されるリクエストに正確に一致する必要があります。 不一致が存在する場合、Portal for ArcGIS はブラウザーへのアクセスを許可しません。 以下の画像は、Portal for ArcGIS 設定ページの [オリジンの許可] 設定の下にリスト表示された FQDN を示しています。
The image of Allow Origins setting with sample domain.

注意:
デフォルトでは、ArcGIS Server は、すべての JavaScript アプリケーションが Web サービスにアクセスすることを許可します。 他のドメインでホストされている JavaScript アプリケーションが Web サービスを使用するのを防ぐために、信頼できるドメインのリストを含むように ArcGIS Server を構成できます。 これにより、不明なアプリケーションから Web サービスに悪意のあるコマンドが送られてくる可能性が低くなります。 詳細については、Web ヘルプ ドキュメント「ArcGIS Server: ArcGIS Server へのドメイン間リクエストの制限」をご参照ください。

 

解決策または対処法

[オリジンの許可] 設定の下にリスト表示された FQDN を削除します。 以下の手順は、この処理を行う方法を説明しています。

注意:
以下の手順は、Portal for ArcGIS 管理者アカウントを使用している場合にのみ可能です。
 
  1. 管理者アカウントを使用して、Portal for ArcGIS のホーム ページにログインします。
  2. Portal for ArcGIS のホーム ページで、[組織] をクリックします。
The image of Portal for ArcGIS Home page.
  1. [組織] ページで、[サイト設定] をクリックします。
The image of Organization page.
  1. 設定ページで [セキュリティ] をクリックします。
The image of the settings page.
  1. [セキュリティ] 設定ページで、[オリジンの許可] までスクロールします。 赤い [x] シンボルをクリックして、[オリジンの許可] 設定の下にリスト表示された目的の FQDN を削除します。
The image of the Allow Origins setting.

関連情報