日本語

操作手順: ArcMap で LAZ ファイルを開く

概要

LAZ は、圧縮された LIDAR (Light Detection and Ranging) データ形式であり、多くの場合、大量の LIDAR データを転送するために使用されます。 ArcMap は、LAS ファイルを処理できますが、LAZ ファイルを処理できません。 ArcMap で LAZ ファイルを開いて使用するには、まず、Spatial ETL ツールを使用してそのファイルを LAS に変換する必要があります。

手順

以下の手順は、Spatial ETL ツールを作成して LAZ ファイルを LAS に変換する方法を示しています。 Spatial ETL ツールを作成する手順は、ドキュメント「Spatial ETL ツールの作成」にも記載されています。

注意:
Spatial ETL ツールを作成するには、Data Interoperability のライセンスが必要です。
  1. 新しいツールボックスを作成して、Spatial ETL ツールを作成します。
    1. [カタログ] で、新しいツールボックスを作成するフォルダーまたはジオデータベースに移動します。
    2. フォルダーまたはジオデータベースを右クリックし、[新規作成][ツールボックス] の順にクリックします。 新しいツールボックスの名前を必要に応じて変更します。
    3. 新しいツールボックスを右クリックして、[新規作成][Spatial ETL ツール] の順にクリックします。
      An image of the Toolbox menu to create a new spatial ETL tool.
      [ETL ツールの生成] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. [ETL ツールの生成] ダイアログ ボックスで、作成された Spatial ETL ツールを使用して LAZ ファイルを LAS に変換します。
    1. [ETL ツールの生成] ダイアログ ボックスの [リーダー] セクションの下で、[形式] のドロップダウン矢印をクリックして、[その他の形式] をクリックします。
      An image of the Generate ETL Tool dialog box.
    2. [FME リーダー ギャラリー] ダイアログ ボックスで [ASPRS LIDAR データ交換形式 (LAS)] を選択し、[OK] をクリックします。
      An image of the FME Reader Gallery dialog box.
    3. [リーダー] セクションの下の [データセット] フィールドで、[ファイル ブラウザーを開く] An image of the Open file browser icon. をクリックして LAZ ファイルに移動します。
    4. [ライター] セクションの下で、[形式] のドロップダウン矢印をクリックし、[その他の形式] をクリックします。
    5. [FME ライター ギャラリー] ダイアログ ボックスで [ASPRS LIDAR データ交換形式 (LAS)] を選択し、[OK] をクリックします。
    6. [ライター] セクションの下の [データセット] フィールドで、出力 LAS ファイルのフォルダーを指定します。
      An image of the Generate ETL Tool dialog box.
    7. [OK] をクリックします。 [Spatial ETL ツール] ダイアログ ボックスが表示されます。
    8. [変換の実行] An image of the Run Translation button. ボタンをクリックします。 [変換ログ] ウィンドウが開きます。 変換プロセスが成功すると、変換ログに「Translation was SUCCESSFUL」と表示されます。 LAS ファイルが、拡張子 .las 付きで作成され、ステップ 2 (f) で指定したフォルダーに配置されます。
      An image of the Spatial ETL Tool dialog box.
    9. [Spatial ETL ツール] ダイアログ ボックスを閉じます。
  3. LAS ファイルから LAS データセットを作成し、ArcMap で表示します。 詳細については、「LAS データセットの作成」をご参照ください。
注意:
LIDAR データを (LAS ファイル形式、LAZ ファイル形式、および zLAS ファイル形式で) 視覚化する機能は、ArcGIS Pro 2.1 で導入されました。 [シーン レイヤー パッケージの作成] ツールを使用して、LIDAR データから点群シーン レイヤーを作成できます。 これを実行するには、「点群シーン レイヤーの作成」をご参照ください。 作成された点群シーン レイヤーは、サービス レイヤーとして公開し、[パッケージの共有 (Share Package)] ツールを使用して ArcGIS Enterprise または ArcGIS Online にアップロードできます。

関連情報