日本語

問題: フィーチャクラスをファイル ジオデータベースからエンタープライズ ジオデータベースに移行するときに、フィーチャクラスのエイリアスが維持されない

説明

フィーチャクラスにエイリアスが割り当てられていない場合、ArcGIS は、リアルタイムでフィーチャクラス名をエイリアスとして使用します。 フィーチャクラスがファイル ジオデータベースからエンタープライズ ジオデータベースに移行されるときに、データベース内の完全修飾フィーチャクラス名 (<データベース>.<スキーマ>.<フィーチャクラス>) を反映するように、エイリアスも変更されます。 そのため、移行時にフィーチャクラスのエイリアスが維持されないように見えることがあります。

原因

フィーチャクラス (またはテーブル) のエイリアスは、フィーチャクラスの代替名です。 このエイリアスは、ArcGIS クライアントでフィーチャクラスがマップに追加されるときに表示される名前です。 フィーチャクラスを作成するときに、エイリアスをフィーチャクラスに割り当てることができ、このエイリアスはフィーチャクラスのプロパティになります。 エイリアスが指定されない場合、ArcGIS は、リアルタイムでフィーチャクラス名をエイリアスとして使用します。 次のように Describe ArcPy 関数を使用して、フィーチャクラスのエイリアス名を確認できます。

desc = arcpy.Describe()
print ("AliasName:", desc.aliasName)

フィーチャクラスにエイリアスが割り当てられていない場合、desc.aliasName は空のフィールドを返します。 フィーチャクラスのプロパティ ウィンドウ内のエイリアスは、フィーチャクラスがマップに追加されるときに使用するために、ArcGIS がリアルタイムで生成したものです。 ファイル ジオデータベースでは、「リアルタイム」のエイリアスは、フィーチャクラス名と同様に見えます。 エンタープライズ ジオデータベースでは、フィーチャクラス名は、実際のフィーチャクラス名の前にデータベース名 (Oracle を除く) およびスキーマ名が追加された、完全修飾名です。 リアルタイムのエイリアスも、完全修飾名を反映します。 そのため、リアルタイムのエイリアスを使用しているフィーチャクラスを移行するときに、実際のフィーチャクラスのエイリアスが維持されないように見えますが、実際は、フィーチャクラスは指定されたエイリアスを持っておらず、リアルタイムのエイリアスがフィーチャクラス名と同期しているだけです。

解決策または対処法

次のいずれかのオプションを使用して、この問題を解決してください。

  • ファイル ジオデータベースで、エイリアスをフィーチャクラスに割り当てます。 指定されたエイリアスは、移行時に変更されず、エンタープライズ ジオデータベース内でも同じになります。
  • 移行後に、エンタープライズ ジオデータベースで、フィーチャクラスのエイリアスを手動で変更します。
  • バッチ処理および自動化を行う場合は、AlterAliasName ArcPy 関数を使用して、ワークスペースに格納されたフィーチャクラスに対して反復処理を実行することを検討してください。

関連情報