日本語

操作手順: Operations Dashboard Web アプリで、リスト エレメントおよびゲージ エレメントを動的にリンクする

概要

Operations Dashboard 内のエレメントは、異なる方法で設定することができます。 リスト、マップ、およびゲージの各エレメントを、互いに動的にリンクすることができます。 この目的は、リスト内の属性をクリックして、マップを選択した位置にズームさせることです。 ゲージ エレメントには、そのデータの定義されたフィールドの値が表示されます。

手順

以下の手順は、Operations Dashboard Web アプリで、リスト エレメントおよびゲージ エレメントを動的にリンクする方法について説明しています。

  1. Operations Dashboard アプリケーションで、[マップ][ゲージ]、および [リスト] の各エレメントを追加します。
  2. [リスト] エレメントの設定で、[アクション][アクションの追加][ズーム] の順にクリックします。

    Add Action > Zoom
     
  3. [ズーム][ターゲットの追加] をクリックして、マップを選択します。
  4. [アクションの追加][フィルター] の順にクリックします。

    Add Target > Zoom
     
  5. [ターゲットの追加] をクリックして、[ゲージ] エレメントを選択します。 [完了] をクリックします。

    Add Target > Gauge
     
  6. [ゲージ] パネルで [構成] Configure をクリックします。 [データ] セクションおよび [ゲージ] セクションに適切な情報が設定されていることを確認し、[完了] をクリックします。
  7. ダッシュボードを保存します。 リスト内の属性をクリックすると、マップが選択した属性の位置にズームし、構成で定義された値がゲージ エレメントに表示されます。

    Output map.
     

関連情報