日本語

問題: Web マップの設定でオフライン モードをオンにすることができない

説明

オフライン モードを有効化して、Web マップのデータを収集し、編集することができます。そのため、Collector for ArcGIS などのアプリで、マップをオフラインで使用することができます。 ただし場合によっては、Web マップのアイテム ページの [設定] タブで、[オフライン] セクションが使用不可になります。 次の図は、アイテム ページの [オフライン] セクションを示しています。

Screenshot of the Offline section in the Settings tab of a web map's item details.

原因

オフライン モードを有効化するには、Web マップが、このドキュメントに記載されているオフラインで使用するための要件をすべて満たす必要があります。 それらの要件に加えて、オフライン モードが有効化されない理由として、以下が考えられます。

Web マップ内の一部のフィーチャ レイヤーで同期が有効化されていない。
同期が有効化されていないフィーチャ レイヤーは、オフライン モードでサポートされません。

Web マップが、カスタム タイル スキーマを含むキャッシュ マップ サービスを含んでいる。
このことは既知の制限事項です。 Web マップが、カスタム タイル スキーマを含むキャッシュ マップ サービスを含んでいる場合、オフライン モードを有効化できません。
 
サポートされていないベースマップを使用している。
すべての Esri ベースマップは、オフラインでの使用が自動的に有効化されますが、一部の ArcGIS アプリは、ベクター ベースマップなどの特定のベースマップの使用をサポートしません。 たとえば、ベースマップが Esri ベクター ベースマップである場合、Web マップのオフライン モードは有効化されますが、Collector for ArcGIS は、オフラインで使用するための Web マップをダウンロードできません。

解決策または対処法

原因に応じて、次のいずれかの解決策を使用します。

すべてのフィーチャ レイヤーで同期を有効化する。
Web マップ内のすべてのフィーチャ レイヤーで同期が有効化されていることを確認します。 ホスト フィーチャ レイヤーでの同期の有効化の詳細については、ArcGIS Online または ArcGIS GIS Server で、オフラインでの編集または共同作業を可能にする方法をご参照ください。 ArcGIS Server フィーチャ サービスで同期を有効化するには、「ArcGIS Server: オフライン使用のためのデータの準備」をご参照ください。

デフォルトの ArcGIS Online タイル スキーマを使用する。
デフォルトの ArcGIS Online タイル スキーマを含むキャッシュ マップ サービスを公開します。

デフォルトのラスター ベースマップを使用する。
Web マップで使用されているベースマップがアプリによってサポートされていることを、アプリのドキュメントに従って確認します。

関連情報