日本語

操作手順: 属性の先頭または末尾の文字に基づき、個別値をグループ化およびシンボル表示する

概要

個別値を含む属性は、通常、地理的位置コードや車両登録番号などの英数字で表されます。 これらの属性は、先頭または末尾の桁に基づいてグループ化できます。 政府機関のデータ交換に使用される郡コードの先頭の桁に基づいて、地理的位置をグループ化できます。 奇数番号と偶数番号に基づいて、車両登録番号の末尾の桁をグループ化できます。 このグループ化により、北京などのように、奇数/偶数による道路空間配分規制が実施されている道路上の車両を追跡できます。

手順

以下の手順は、ArcGIS Pro および ArcMap で属性の先頭または末尾の文字に基づき、個別値をグループ化およびシンボル表示する方法を説明しています。


ArcGIS Pro の場合
  1. 属性テーブルを開きます。
  2. 新しいフィールドを追加し、そのフィールドを [テキスト] タイプに設定します。
  3. 属性の先頭または末尾の文字に基づき、値をグループ化します。
    1. 属性テーブルで、[フィールド演算] アイコンをクリックします。
    2. [フィールド演算 (Calculate Field)] ジオプロセシング ダイアログ ボックスで、新しく追加したフィールドを [フィールド名] に設定します。
    3. 新しいフィールドに次の式を入力します。
      • 先頭の文字:
        !Field Name![0] (例: !COUNTY![0])

        Expression for first digit
         
      • 末尾の文字:
        !Field Name![-1] (例: !VEHIC_NUM![-1])
    4. [確認] アイコンをクリックして式の有効性を確認し、[実行] アイコンをクリックしてツールを実行します。

      Executing tool
       
    5. 属性テーブルを開いて、属性テーブルに新しく設定されたフィールドを表示します。

      New Field
       
  4. 個別値を使用して [値フィールド] に新しいフィールドを設定し、先頭または末尾の桁に基づいてグループ化された値に対して、マップ上にシンボルを適用します。 詳細な手順については、「ArcGIS Pro Web ヘルプ: 個別値」をご参照ください。

ArcMap の場合
  1. 属性テーブルを開きます。
  2. 新しいフィールドを追加し、そのフィールドを [テキスト] タイプに設定します。
  3. 属性の先頭または末尾の文字に基づき、値をグループ化します。
    1. 属性テーブルで、新しいフィールドの見出しを右クリックして、[フィールド演算] を選択します。
    2. [フィールド演算] ダイアログ ボックスで、[Python] パーサーと [文字列] タイプ オプションを選択します。

      Python Parser and String Type option
       
    3. テキスト フィールドに次の式を入力して、[OK] をクリックします。
      • 先頭の文字:
        !Field Name![0] (例: !COUNTY![0])

        Code
         
      • 末尾の文字:
        !Field Name![-1] (例: !VEHIC_NUM![-1])
    4. 属性テーブルを開いて、属性テーブル内の新しいフィールドを表示します。

      New field
       
  4. 個別値を使用して [値フィールド] に新しいフィールドを設定し、先頭または末尾の桁に基づいてグループ化された値に対して、マップ上にシンボルを適用します。 詳細な手順については、「ArcMap Web ヘルプ: 個別値を使用したカテゴリの表示」をご参照ください。

関連情報