日本語

FAQ: 解析時に入力フィーチャ レイヤーの名前に一致するよう、バッチで出力フィーチャ レイヤーの名前を変更できますか?

質問

解析時に入力フィーチャ レイヤーの名前に一致するよう、バッチで出力フィーチャ レイヤーの名前を変更できますか?

答え

はい。入力レイヤーの名前に一致するよう、出力レイヤーの名前を一括変更できます。 最も効率的な方法は、Model Builder によるインライン変数置換の手法でアイテムを反復することにより、入力ファイル名を出力フィーチャクラス名として適用できます。

たとえば、[ラスター → ポリゴン (Raster to Polygon)] ツールは、ラスターをポリゴンに一括変換できますが、ラスター名を認識できないため、出力ポリゴン フィーチャの名前を一括変更することはできません。 この場合、各出力の名前を手動で変更する必要があるため、出力が大量に存在する場合は時間がかかることがあります。

入力フィーチャ レイヤー名と一致するよう、出力フィーチャ レイヤーの名前を一括変更するには、次の手順に従います。

  1. ArcMap で [ジオプロセシング] に移動し、[ModelBuilder] をクリックします。

    Image of the context menu
     
  2. 関連データセットを追加してワークスペースを設定します。

    Image of the model builder workspace
     
  3. モデルに追加された Iterate(反復) 関数にデータセットを接続します。 この例では、Iterate Rasters(ラスターの反復) 関数を使用しています。

    Image of the iterate tool
     
  4. 必要なツールをモデルに追加して接続します。 この操作は、ArcMap から ModelBuilder ワークスペースに関連ツールをドラッグ アンド ドロップすることで実行できます。

    Image of the tools added to Model Builder
     
  5. 出力モデルを右クリックし、「ArcGIS ヘルプ: インライン モデル変数置換の例」の説明に従って、インライン変数置換の手法を使用します。

    例:
    C:\Output\S_%Name%

    Image sample of inline variable substitution
     
  6. 必要に応じて、残りの設定を定義します。
  7. [OK] をクリックして、モデルを実行します。

Related Information