日本語

エラー: 証明書がアルゴリズムの制約に準拠していません

エラー メッセージ

自己署名証明書を使用して ArcGIS Server が構成されている場合、ユーザー インターフェイス (ArcGIS Server Administrator Directory または Portal Administrator Directory) に応じて、複数のプロセスが失敗し、次のいずれかのエラー メッセージが返されます。

エラー: 
証明書がアルゴリズムの制約に準拠していません
エラー: 
証明書がアルゴリズムの制約に準拠していません

エラーの発生元となるプロセスの例は、次のとおりです。

  • Portal for ArcGIS でのホスト フィーチャ レイヤーの公開
  • ArcGIS Server コンピューターのステータスの確認
  • ArcGIS Server と Portal for ArcGIS のフェデレーション

以下の図は、ArcGIS Server と Portal for ArcGIS の両方の管理者ディレクトリでエラー メッセージが返される例を示しています。

The image of the error message in ArcGIS Server Administrator Directory.
 
The image of the error message in Portal for ArcGIS Administrator Directory.

原因

このエラーは、自己署名証明書でサポートされていない署名アルゴリズムが原因で発生しています。 ArcGIS Server では自己署名証明書の使用が許可されていますが、一部の証明書でサポートされていない署名アルゴリズムが使用されています。 サポートされていない署名アルゴリズムには、RSASSA-PSS アルゴリズムなどがあります。

User-added image

証明書の署名アルゴリズムは、以下の手順で確認できます。
  1. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を開きます。 詳細な手順については、Microsoft Web ヘルプ ドキュメント「方法: IIS マネージャのオープン」をご参照ください。
  2. [サーバー証明書] をダブルクリックします。
The image of Server Ceritificates in the IIS Manager window. 
  1. 目的の証明書をダブルクリックします。 [ModelBuilder] ウィンドウが開きます。
The image of selected certificate. 
  1. [詳細] をクリックします。
The image of the Certificate window. 
注意:
アルゴリズムがサポートされていなくても、インポートは成功したと見なされ、ArcGIS Server ページに問題なくアクセスできます。

解決策または対処法

サポートされている署名アルゴリズムを含む証明書を使用してください。 サポートされている署名アルゴリズムの詳細については、以下の Web ヘルプ ドキュメント「Portal for ArcGIS: ポータルへの証明書のインポート」をご参照ください。

関連情報