日本語

不具合: ArcGIS Python パッケージをインストールまたは更新すると ArcGIS Pro 1.4.1 がクラッシュする

説明

ArcGIS Python パッケージのインストール後に、Python ウィンドウを使用しようと (場合によってはプロジェクトを開こうと) すると、ArcGIS Pro がクラッシュします。

原因

Jupyter/pyQT パッケージに依存するパッケージを Conda を介してインストールすると、Pro 1.4.1 がクラッシュするというレポートがいくつか上がっています。 これは、PEP 384 に対応しない問題のある DLL が Conda に付属しているためです。

対処法

修正は簡単で、アクティブな Pro 環境のフォルダー内で原因となる DLL を削除または名前変更するだけです。 %ProInstalDir%/bin/Python/envs/arcgispro-py3 フォルダー (追加の環境が作成されている場合は、これに相当するフォルダー) で、Python3.dll を削除または名前変更します。

多くのユーザーは DLL ファイルの変更をためらうかもしれませんが、同じフォルダーにある Python35.dll を読み込むことで問題が修正されます。 Python3.dll を削除した後、Pro を再度開くと、期待どおりに動作します。 この問題は特定済みで、Pro 2.0 で修正されました。