日本語

FAQ: Full Motion Video アドインの MISB (Motion Imagery Standards Board) メタデータの要件は何ですか?

質問

Full Motion Video アドインの MISB (Motion Imagery Standards Board) メタデータの要件は何ですか?

答え

技術的には、再生されるビデオがサポートされたタイプであれば、Esri Full Motion Video (FMV) アドインでのビデオ再生に最小要件はありません。ただし、マップ上でビデオ メタデータを表示するには、少なくとも次の属性が必要になります。

  • UNIX タイムスタンプ (Precision Time Stamp とも言われる)
  • Sensor Latitude および Sensor Longitude
  • Frame Center Latitude および Frame Center Longitude
最低限必要なフィールドが使用されている場合、センサーまたはフレーム中心 (あるいは両方) の位置のみがマップに表示され、ビデオのフットプリントはありません。

ユーザーのビデオ メタデータが多重化されていないか、ビデオとともに 1 つのファイルにまとめられておらず、ビデオのフットプリントが必要とされる場合は、Esri FMV Video Multiplexer ジオプロセシング (GP) ツールでは次のフィールドが必要になります。これらのフィールドによって GP ツールがビデオのフットプリントを計算できるようになります。
  • UNIX タイムスタンプ
  • Platform Heading、Platform Pitch、Platform Roll
  • Sensor Latitude、Sensor Longitude、Sensor Altitude
  • Horizontal FOV
  • Sensor Relative Azimuth、Sensor Relative Elevation、Sensor Relative Roll
Esri FMV では、すべてのビデオ メタデータが MISB 標準に準拠する必要があります。 MISB ST 0601 という標準には、デジタル Motion Imagery システム間のメタデータ交換用の Local Set (LS) 作成に関する詳細な説明と要件が含まれています。 この標準は、スキーマ内のすべての承認されたフィールドのデータとデータ範囲に関する詳細な情報と例を提供します。MISB 準拠の属性はすべて Esri FMV に受け入れられます。詳しくは UAS Datalink Local Set をご覧ください。
注意:
UAS Datalink Local Set は、主に無線通信リンクを通した送信向けに設計された拡張可能な Key-Length-Value (KLV) メタデータ セットですが、このビデオ メタデータは、アーカイブされたビデオ ファイルからの解析時にも同等に機能します。
2017 年 6 月 17 日時点の ST0601 ドキュメントの最新版のタイトルは St0601.11.pdf です。 このドキュメントはダウンロード可能で、MISB 発行物の Web サイトで見つけることができます。 これは Composite Documents Zip File バージョン MISP-2017.2 (50MB) に格納されています。 このサイトには、ST0601.11 と、MISB ST 0601 の前後のすべてのバージョンも提供されています。

Esri FMV アドインと ArcGIS Desktop 10.3.x、10.4.x、10.5.x のジオプロセシング ツールをダウンロードするには、www.esri.com/fmv にアクセスしてください。

UAS DataLink Set の例と、Esri FMV 内で使用されている代表的な値の一部を以下に示します。
チェックサム15307
UNIX タイムスタンプ9/19/2012 20:43
Platform_Heading_Angle333.6324158
Sensor_Latitude41.14939947
Sensor_Longitude-104.7629791
Corner_Latitude_Point_141.14722316
Corner_Latitude_Point_241.14821883
Corner_Latitude_Point_341.14829894
Corner_Latitude_Point_441.14734905
Corner_Longitude_Point_1-104.7872425
Corner_Longitude_Point_2-104.7873615
Corner_Longitude_Point_3-104.7858692
Corner_Longitude_Point_4-104.7857547
Frame_Center_Latitude41.1477725
Frame_Center_Longitude-104.7865398
4 つの角のオフセットを計算していないユーザーが、Esri FMV Multiplexer ジオプロセッシング ツールを使用して計算しようとする場合には、以下のフィールドとサンプル値が必要になります。
UNIX タイムスタンプ1.44277E+15
PlatformHeading330
PlatformPitch0
PlatformRoll0
SensorLatitude39.976653
SensorLongitude-105.172472
SensorAltitude1716
HorizontalFOV54
Sensor Relative Azimuth0
SensorRelativeElevation-15
SensorRelativeRoll0
注意:
UNIX タイムスタンプの値は 1442360000000000 で、エポックからのマイクロ秒を示しています。Epoch Converter などの Web サイトで人が解読可能なタイム スタンプをマイクロ秒に変換して、FMV Video Multiplexer ジオプロセシング ツール用のデータを用意することができます。

Related Information