日本語

操作手順: Survey123 for ArcGIS 2.0 フィールド アプリまたは Survey123 Connect for ArcGIS 2.0 に外部の Web ブラウザーを使用してサイン イン

概要

デフォルトで、Survey123 for ArcGIS フィールド アプリと Survey123 Connect for ArcGIS には、アプリにサイン インするための Web ビューが組み込まれています。 どちらのアプリでもサイン インのために外部の Web ブラウザーを起動することができますが、少し設定が必要です。

サイン インに外部の Web ブラウザーを使用する理由には、以下のようなものがあります。

  • セキュリティ ポリシーで特定の Web ブラウザーの使用が指示されている
  • Web ブラウザーの認証情報管理を使用する要件
  • 画面のサイズと解像度の挙動

組み込みの Web ビューと外部の Web ブラウザーのどちらを使用しても、同じ Oauth サイン イン ページが表示されます。

ArcGIS Online および Portal for ArcGIS 10.5.1 以降では、外部の Web ブラウザーを使用してサイン インする機能がすでに構成されています。 それより前のバージョンの Portal for ArcGIS では、関連する Survey123 for ArcGIS のリダイレクト URI をポータルで構成し、ポータル構成をアプリに追加する必要があります。

注意:
この記事はネイティブの Survey123 for ArcGIS アプリ バージョン 2.0 以降に対応しており、Survey123 for ArcGIS の Web ベース バージョンには必ずしも対応していません。

手順

Survey123 for ArcGIS のリダイレクト URI を Portal for ArcGIS で構成する

ユーザーは Web ブラウザーで認証された後、Survey123 for ArcGIS にもう一度リダイレクトされる必要があります。 このためには、該当するすべてのポータルで、Survey123 for ArcGIS フィールド アプリと Survey123 for ArcGIS Connect のリダイレクト URI をそれぞれのクライアント ID に対して登録する必要があります。 該当するポータルは次のとおりです。

client_idredirect_uri
survey123urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob
survey123arcgis-survey123://
survey123connecturn:ietf:wg:oauth:2.0:oob
survey123connectarcgis-survey123connect://

これらは ArcGIS Online および Portal for ArcGIS 10.5.1 以降にはデフォルトで存在していますが、それより前のバージョンの Portal for ArcGIS では、Portal for ArcGIS のインターフェイスからに手動で追加する必要があります。

  1. ポータルの portaladmin リソース (https:// / /portaladmin) に管理者としてログインします。
  2. [Security][Oauth][Get App Info] の順に移動します。
  3. 既存のアプリケーション情報を確認します。 アプリ ID ボックスにアプリ ID を入力して、[Get App Info] をクリックします。 以下のような情報が表示されます。
    survey123:{"appId":"survey123","redirectURIs":["https://*.arcgis.com","http://*.arcgis.com","https://*.esri.com","http://*.esri.com","urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob"]}
    survey123connect:{"appId":"survey123connect","redirectURIs":["https://*.arcgis.com","http://*.arcgis.com","https://*.esri.com","http://*.esri.com","urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob"]}
  4. [Oauth] ページに戻り、[Update App Info] に移動します。
  5. 次のテキストをテキスト ボックスに貼り付け、[Update App] をクリックすることで、Survey123 for ArcGIS フィールド アプリの情報を更新します。 redirectURIs セクションの末尾の追加部分に注目してください。
    {"appId":"survey123","redirectURIs":["https://*.arcgis.com","http://*.arcgis.com","https://*.esri.com","http://*.esri.com","urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob","arcgis-survey123://*"]}
  6. 同じ方法で、次のテキストを貼り付けて更新することで、Survey123 Connect for ArcGIS の情報を更新します。
    {"appId":"survey123connect","redirectURIs":["https://*.arcgis.com","http://*.arcgis.com","https://*.esri.com","http://*.esri.com","urn:ietf:wg:oauth:2.0:oob","arcgis-survey123connect://*"]}
ポータル接続を追加してサイン インする

以下の手順は ArcGIS Online と Portal for ArcGIS のどちらでも機能します。 ArcGIS Online でブラウザー ベースの認証を有効にするには、ポータル URL の https://www.arcgis.com/ を使用します。 ポータル接続を追加するプロセスは、Survey123 for ArcGIS フィールド アプリと Survey123 Connect for ArcGIS で同じです。

  1. Survey123 for ArcGIS フィールド アプリで、[設定] ボタン → [ポータル][ポータルの追加] の順にクリックします。

    A view of the Survey123 Connect for ArcGIS app, with the Settings button highlighted. A view of the Survey123 Connect Settings window, having clicked Portal, with ArcGIS Online highlighted.
     
  2. ポータルの URL を入力します (詳細構成を入力するには、[アクティブな ArcGIS Portal を選択] というテキストをクリックするか、マウス ボタンを押したままにします)。

    A view of the Survey123 Connect Settings window, with ArcGIS Online highlighted, and the URL of your Portal for ArcGIS available for editing.
     
  3. システムの Web ブラウザーで [サイン イン] を選択します。
  4. [ポータルの追加] をクリックしてサイン インします。
  5. ブラウザーにダイアログが読み込まれたら、指定ユーザーの認証情報を入力します。
  6. このユーザーがフィールド アプリにリダイレクトされ、サイン インされます。
注意:
Windows および Linux で実行されているアプリのサイン イン認証情報を入力する場合、ユーザーは OAuth2 の承認ページに表示されます。 認証プロセスを完了するには、ここに含まれるコードを手動でコピーしてアプリに貼り付ける必要があります。