日本語

操作方法: ArcGIS Pro で Runtime データベースのコンテンツをファイル ジオデータベースにコピーする

概要

ArcMap の [Runtime ジオデータベースをファイル ジオデータベースへコピー (Copy Runtime Geodatabase to File Geodatabase)] ツールを使用すると、Runtime ジオデータベース (*.geodatabase) のコンテンツを新しいファイル ジオデータベースにコピーできます。 たとえば、編集を同期できないときに Collector for ArcGIS からオフライン編集を復元するには、このツールを使用して、ローカルに保存されている編集を抽出し、モバイル デバイスから新しいファイル ジオデータベースにコピーします。

現在、ArcGIS Pro には [Runtime ジオデータベースをファイル ジオデータベースへコピー (Copy Runtime Geodatabase to File Geodatabase)] ツールと同じ機能を持つツールが用意されていません。 ただし、[XML ワークスペース ドキュメントのエクスポート (Export XML Workspace Document)] および [XML ワークスペース ドキュメントのインポート (Import XML Workspace Document)] ツールを使用して、同じ出力を生成できます。

手順

以下の手順は、ArcGIS Pro で Runtime ジオデータベースのコンテンツをファイル ジオデータベースにコピーする方法を示しています。

  1. モバイル デバイスを PC に接続します。
  2. ArcGIS Collector フォルダーを参照し、[オフライン データ] を選択します。
    フォルダー パスの例は、次のとおりです。
    Computer\\Phone\ArcGIS_Collector\offline_data
  3. *.Geodatabase ファイルを含むフォルダー全体をデバイスからコピーし、それをローカル コンピューターに貼り付けます。

    An image of the Offline Data folder contents.
     
  4. ArcGIS Pro を起動して、新しい空のプロジェクトを作成します。
  5. [XML ワークスペース ドキュメントのエクスポート (Export XML Workspace Document)] ツールを使用して、Runtime ジオデータベース コンテンツの読み取り可能な XML ドキュメントを作成します。 [入力データ] で、モバイル デバイスからコピーした *.geodatabase ファイルをドラッグ アンド ドロップします。

    An image of the Export XML Workspace Document dialog box.
     
  6. [XML ワークスペース ドキュメントのインポート (Import XML Workspace Document)] ツールを使用して、ステップ 4 で作成した XML ワークスペース ドキュメントのコンテンツを新しい空のジオデータベースにインポートします。

    An image of the Import XML Workspace Document dialog box.

    正常に完了した場合、Runtime ジオデータベースのコンテンツがターゲット ファイル ジオデータベースにコピーされます。

関連情報