日本語

問題: Portal for ArcGIS でセキュリティ保護されたサービスを追加するときに、認証情報を保存するオプションが表示されない

説明

Portal for ArcGIS で使用するサービスの認証情報を保存し、後で使用できるようにすることで、マップを開くたびにログインしなくても済むようになります。 ただし、認証情報の保存オプションが表示されないために、サービスの認証情報を保存できないことがあります。

原因

この問題には、いくつかの原因が考えられます。

  • サービスが Web 層認証でセキュリティ保護されています。たとえば、統合 Windows 認証 (IWA) などです。 この挙動はデフォルトです。
  • Portal for ArcGIS ではアクセスできないサービスです。この状況が発生するのは、サービスがファイアウォールでブロックされている場合や、サービス プロキシが正しく構成されていない場合などです。
  • サービスが使用する SSL 証明書が Portal for ArcGIS によって信頼されていません。

解決策または対処法

原因に応じて、次のいずれかの解決策を使用します。

関連情報