日本語

操作手順: トポロジの整合チェック時にポリゴン フィーチャ間で自動調整されたギャップを特定

概要

新しいトポロジの作成時、またはトポロジ内のフィーチャの編集時には、トポロジ ルールに違反するフィーチャ内の変更を特定するためにトポロジの整合チェックを行う必要があります。 トポロジ ルールに違反する領域は、エラーのフラグが付けられ、エラー インスペクターに記録されます。 たとえば、パーセル フィーチャクラスに [ギャップがない] ルールが定義されているときに、2 つのパーセル間に空きスペースのスリバーが存在すると、トポロジ エラーが表示されます。 ギャップの幅とクラスター許容値のサイズによって、エラーが自動的に修正されるのか、エラー インスペクターに記録されるのかが決まります。

ギャップの幅がクラスター許容値よりも大きい場合、その領域はエラーとして特定されます。 この部分のデータはトポロジの整合チェック時には変更されないので、エラーは手動で修正する必要があります。 トポロジ エラーの修正方法については、「トポロジ エラーの修正」をご参照ください。
フィーチャ間のギャップがクラスター許容値より小さい場合は、整合チェック時にフィーチャ間の 2 つの境界をクラッキングおよびクラスタリングして 1 つのフィーチャにするか一致させることで、ギャップが自動調整されます。 この部分のデータは、自動的に変更されます。

将来的には回避できるデータセット内の小さいエラーを判別するには、トポロジの整合チェック後に自動調整されたギャップを特定する必要があります。 このような場合には、[フィーチャ比較 (Feature Compare)] ツールを使用してギャップを特定できます。

手順

以下の手順は、フィーチャ間の自動調整されたギャップを特定する方法を示しています。

  1. ArcMap で、フィーチャクラスをコピーして、ターゲットのファイル ジオデータベースに貼り付けます。
  2. [ギャップがない] ルールを使用してフィーチャ データセットのコピーに対するトポロジを作成します。
  1. [カタログ] ウィンドウで、フィーチャ データセットを右クリックして、[新規作成][トポロジ] の順に選択します。
  2. デフォルト名とクラスター許容値を指定して、[次へ] をクリックします。
  3. トポロジに属するフィーチャクラスを選択して、フィーチャクラスのランクを指定し、[次へ] をクリックします。
  4. [ルールの追加] をクリックして、パーセル フィーチャクラスを選択し、[ギャップがない] ルールを選択して、[OK] をクリックします。
An image of adding the Must Not Have Gaps rule in the Add Rule dialog box.
  1. [次へ][完了] の順にクリックします。
  2. [トポロジ整合チェック] ダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。
An image of an original features (right) and validated features (left). Note the closed gap in the validated feature class.
  1. 整合チェック後のフィーチャクラス (左) と元のフィーチャクラス (右) の間で上記のフィーチャのジオメトリを比較するには、[フィーチャ比較 (Feature Compare)] ツールを使用します。
    1. [コンテンツ] ウィンドウで、元のフィーチャクラスと整合チェック後のフィーチャクラスを選択して、[フィーチャ比較 (Feature Compare)] ツールを実行します。
    2. [フィーチャ比較 (Feature Compare)] ウィンドウで、[入力ベース フィーチャ] に元のフィーチャクラス、[入力テスト フィーチャ] に整合チェック後のフィーチャ データセットを選択します。
    3. [並べ替えフィールド] では [OBJECTID][比較するタイプ] では [GEOMETRY_ONLY] を選択します。
An image of selecting Input Base Features, Input Test Features, Sort Field and Compare Type in the Feature Compare window.
  1. 必要な XY 許容値、M 許容値、Z 許容値を指定します。
An image of the xy-tolerance, m- and z-tolerance values specified in the Feature Compare window.
  1. [比較を継続] をオンにして、最初の不一致が発生した後も残りのフィーチャ プロパティの比較を継続します。
  2. [出力比較ファイル] で場所を選択し、[OK] をクリックしてツールを実行します。 [完了しました] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックします。
An image showing the Continue Comparison check box enabled and the Ouput Compare file location.
  1. 比較テーブルを選択して [カタログ] ウィンドウからマップにドラッグします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで、元のフィーチャクラスを右クリックして、[プロパティ][ラベル] の順に選択します。
  3. [レイヤー プロパティ] ウィンドウで、[このレイヤーのラベルを表示] をオンにして、[メソッド] ドロップダウン リストで [すべてのフィーチャを同じ方法でラベリングします] を選択し、[ラベル フィールド] ドロップダウン リストで[OBJECTID] を選択します。 [適用][OK] の順にクリックします。 すべてのフィーチャの ObjectID ラベルに注意します。
An image of the Layer Properties window.

An image showing the OBJECTID labels on all the features.
  1. [コンテンツ] ウィンドウの比較テーブルを右クリックして [開く] をクリックします。 テーブル内で定義されている 2 つのフィーチャクラス間のジオメトリの違いに注意します。
An image of the output compare table.
注意:
フィーチャクラスからギャップを削除する場合は、 ArcGIS Web ヘルプ「ポリゴン間のスリバーまたはギャップの削除」をご参照ください。

関連情報