日本語

エラー: Portal for ArcGIS の有効なライセンスがありません。 ソフトウェアの認証方法については、ヘルプ トピック「Portal for ArcGIS の認証」をご参照ください。

エラー メッセージ

前のバージョン用にプロビジョニングされたライセンスを使用して Portal for ArcGIS 10.5 を認証した後に、Portal for ArcGIS がアクセス不可になります。

エラー:   
Portal for ArcGIS の有効なライセンスがありません。ソフトウェアの認証手順については、ヘルプ トピック「Portal for ArcGIS の認証」をご参照ください。

認証が完了したら、Portal for ArcGIS の Web サイトにアクセスしてください。

原因

これは既知の問題です。Portal for ArcGIS バージョン 10.2 ~ 10.4.1 では、プロビジョニングされたライセンスが必要です。 Portal for ArcGIS 10.5 以降では、Portal for ArcGIS のバージョン固有のライセンス キー要件があります。 その一方で、ArcGIS ソフトウェア認証ウィザードは、いずれのバージョンのポータルについても、プロビジョニングされたライセンス ファイルを受け入れます。 その結果、Portal for ArcGIS は無効なライセンス情報を拒否し、上記のエラーが返されます。

解決策または対処法

下記の手順は、この既知の問題の回避策を示しています。

  1. Portal for ArcGIS を停止します。
  2. テキスト エディターで Program Files (x86)\Esri\License10.5\sysgen\keycodes を開きます。
  3. リストされている不正なソフトウェア バージョンに関する無効なライセンス詳細情報を削除します。
  4. ソフトウェアを再起動します。
または
  1. Portal for ArcGIS を停止します。
  2. Program Files (x86)\Esri\License10.5\sysgen\ に移動します。
  3. キーコード ファイルを削除するか、その名前を変更します。
  4. 正しいライセンスを使用して Portal for ArcGIS を再びライセンス認証します。