日本語

問題: 10.0.2 より前のバージョンの Safari を使用して、WebGL を必要とする ArcGIS for JavaScript API アプリを実行すると、画面が黒または緑になることがある

説明

ArcGIS API for JavaScript バージョン 4.x で構築された Esri アプリまたはカスタム アプリを実行すると、Apple Safari ブラウザー上の画面が黒または緑になることがあります。 これには、シーン ビューアー、Web AppBuilder、3D テンプレート、GeoPlanner などが含まれます。

原因

この問題は、Apple Safari ブラウザーの WebGL (Web Graphics Library) 実装の問題によるものです。

解決策または対処法

この問題が発生した場合は、Safari のバージョンを確認してください。 ブラウザーのバージョンが 10.0.2 以降でなければ、ブラウザーをアップグレードします。 アップグレードを選択できない場合は、回避策として別のブラウザーを使用します。