日本語

操作手順: LIDAR データからコンター ライン (等高線) を作成する

概要

LIDAR (light detection and ranging) は、レーザー光線を使用して地表をサンプリングし、極めて精度の高い X、Y、Z 計測値を生成する光学リモート センシング手法です。 LIDAR データ (*.las) からコンター ラインを作成し、地表面の高さについて情報を提供することができます。 個々のコンター ライン フィーチャは、LIDAR データの高さ値が等しい隣接ポイントを接続することによって作成されます。

下記の手順は、LIDAR データからコンター ラインを作成する方法を示しています。

手順

LIDAR データからコンター ラインを作成する前に、LAS データセットを作成します。 LAS データセットの作成手順については、Web ヘルプ ドキュメント「LAS データセットの管理: LAS データセットの作成」をご参照ください。

注意:
空間参照を LAS ファイルごとに定義する必要があります。 ArcGIS はこの空間参照情報を読み取って使用します。 空間参照を LAS データセット レベルだけで定義しても十分ではありません。 マップと LAS データセット間で投影法が異なる場合や、LAS ファイルに対して空間参照が正しく定義されていない場合は、LAS データが表示されないことがあります。

LIDAR データからコンター ラインを作成するには、次のいずれかのオプションを使用します。
注意:
1 つ目のオプションを使用するには 3D Analyst エクステンションが必要です。2 つ目のオプションを使用するには 3D Analyst エクステンションまたは Spatial Analyst エクステンションのいずれかが必要です。

LAS データセットから直接コンター ラインを作成する

  1. ArcMap に LAS データセットを追加します。
  2. [サーフェス コンター (Surface Contour)] ツールを開きます。 [3D Analyst ツール][トライアングル サーフェス][サーフェス コンター (Surface Contour)] の順に移動します。
    1. [入力サーフェス] として LAS データセットを参照して選択します。
    2. [出力フィーチャクラス] に名前と場所を設定します。
    3. [コンター間隔] パラメーターにコンター ライン間の所要の間隔を設定します。
User-added image
  1. [OK] をクリックします。 指定した間隔でコンター ラインがマップ上に作成されます。
User-added image

最大解像度の LIDAR から作成されたコンターは、高周波のノイズが存在するため、ねじれ/ターンや孤立した閉じたリングが多数含まれるギザギザした外観になりがちです。 LIDAR からのノイズの詳細およびコンターのギザギザが目立たないようにする方法については、「コンターおよび傾斜角解析における LIDAR からのノイズの最小化」をご参照ください。

LAS データセットから作成されたラスターからコンター ラインを作成する

  1. ArcMap に LAS データセットを追加します。
  2. [LAS データセット → ラスター (LAS Dataset to Raster)] ツールを開きます。 [変換ツール][ラスターへ変換][LAS データセット → ラスター (LAS Dataset to Raster)] の順に移動します。
    1. [入力 LAS データセット] として LAS データセットを参照して選択します。
    2. [出力ラスター] に名前を設定します。
    3. [内挿タイプ] として [ラスター化] を選択します。
User-added image
注意:
[ラスター化] 内挿では、あるピクセル内にある複数のポイントを調べることで、ピクセルの最終的な値を決定します。 [TIN 化] 内挿では、ドローネ三角形分割法を使用し、サーフェスをカバーするノードとエッジによって定義される三角形面のネットワークからサーフェスを作成した後、それをラスター化します。これは、低密度の LIDAR データに推奨される内挿タイプです。
  1. [OK] をクリックします。 ラスターがマップに表示されます。
  1. [コンター (Contour)] ツールを開きます。 [3D Analyst ツール][ラスター サーフェス][コンター (Contour)] の順に移動します。3D Analyst エクステンションが使用不可で、Spatial Analyst エクステンションは使用可能の場合、[Spatial Analyst][サーフェス][コンター (Contour)] の順に移動します。
    1. [入力ラスター] としてラスター データセットを参照して選択します。
    2. [出力ポリライン フィーチャ] に名前と場所を設定します。
    3. [コンター間隔] パラメーターにコンター ライン間の所要の間隔を設定します。
    4. [OK] をクリックします。 指定した間隔でコンター ラインがマップに表示されます。
User-added image
注意:
LIDAR ポイントごとに、レーザー パルスを反射しているオブジェクトの種類 (地表面、森林樹冠、水域など) を定義する分類コードを割り当てることができます。 LIDAR データの分類の詳細については、「LIDAR ポイントの分類」をご参照ください。 LIDAR データのフィルタリング手順については、「ArcMap の LAS データセット レイヤー プロパティ: [フィルター] タブ」をご参照ください。

関連情報