日本語

エラー: 外部共有プロセスが失敗しました

エラー メッセージ

ArcGIS Pro を使用して ArcGIS Online にシェープファイルを公開しようとすると、次のエラー メッセージが返されます。

エラー:   
外部共有プロセスが失敗しました
Image of the error message

原因

このエラーの原因は、ArcGIS Pro とともにインストールされる Python にあります。バージョン 1.3 では、Python が ArcGIS Pro と一緒にインストールされます。これにより、スタンドアロン Python スクリプトを実行するための Python for ArcGIS Pro の二次的インストールが必要なくなりました。場合によっては、同じコンピューター上に 32 ビットや 62 ビットなどの異なる環境を使用する複数の Python バージョンがインストールされることがあります。 使用する Python のバージョンを指定する PYTHONPATH 環境変数は PATH 変数を上書きします。 詳細については、「FAQ: ArcGIS for Server と ArcGIS for Desktop の両方がインストールされたコンピューター上で Python スクリプトが失敗する理由は何ですか?」をご参照ください。

注意:
ArcGIS Pro 1.3 より前のバージョンでは、Python はスタンドアロン プログラムとしてインストールできます。 

解決策または対処法

原因に従って、次の選択肢からいずれかひとつを選択し、この問題を解決してください。

警告:   
下記の手順には、オペレーティング システムの基本的な部分に対する変更が含まれています。 先へ進む前に、レジストリを含め、オペレーティング システムとファイルのバックアップを作成しておくことをお勧めします。 必要に応じて、コンピューター システムの専門家に相談してください。

Esri では、これらの手順を実行するときに変更を誤った場合の結果について保証いたしません。したがって、十分に注意し、ご自身の判断で行ってください。
  • Python PATH 環境変数を削除する

    この回避策は、ArcGIS Pro をアンインストールせずに実行できます。

    1. Windows で、[スタート] をクリックし、[マイ コンピューター] を右クリックして、[プロパティ][システムの詳細設定][環境変数] の順に選択します。
    2. [環境変数] ウィンドウの [システム環境変数] タブで、PYTHON または PYTHONPATH を探します。
    3. 変数 PYTHONPYTHONPATH を削除します。 これにより、Python のパスについての環境変数が削除されます。
    注意:
    両方の変数を削除すると、ArcMap での Python 機能に障害が発生する可能性がありますが、ArcGIS Pro については問題ありません。
    
  • バッチ スクリプトを使用して ArcGIS Pro を起動する

    コンピューター内で使用されているアプリケーションの依存がありシステム環境変数を削除できない場合は、次の構文のバッチ ファイルによって ArcGIS Pro を起動します。

    SET PYTHONPATH="" START "" "C:\Program Files\ArcGIS\Pro\bin\ArcGISPro.exe"
    
  • ArcGIS Online へ直接公開する
    1. WinZip などのファイル圧縮ソフトウェアを使用してシェープファイルを zip 圧縮します。
    2. www.arcgis.com にログインします。
    3. [マイ コンテンツ] に移動します。
    4. [アイテムの追加][コンピューター上] の順にクリックします。
    5. zip 圧縮されたシェープファイルを選択し、名前と必要なタグを追加します。 [アイテムの追加] をクリックします。
  • ArcGIS Pro をアンインストールしてから再インストールする

    前述の回避策が有効でない場合は、ArcGIS Pro のクリーン アンインストールと再インストールを実行します。 この回避策は、Python のパスについての環境変数を削除しても、このエラーを解決できなかった場合の代替策です。

    1. Windows の [コントロール パネル] を介して ArcGIS Pro をアンインストールします。 この手順については、「ArcGIS ヘルプ: ArcGIS Pro のアンインストール」をご参照ください。
      注意:
      アンインストール プロセスが失敗した場合は、[タスク マネージャー] を使用してアクティブなすべての ArcGIS Pro プロセスを停止してから、アンインストールを再試行してください。 
      
    2. ArcGIS Pro がアンインストールされたら、通常は次の場所にある、残りの ArcGIS Pro ファイルを削除します。
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\ESRI\ArcGISPro 
      (および他の Pro フォルダー)
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\ESRI\ArcGISPro
      C:\Program Files\ArcGIS\Pro
      C:\ProgramData\Microsoft\Windows\StartMenu\Programs\ArcGIS\ArcGIS Pro
      注意:
      上記のフォルダーの中には非表示になっているものがあります。 隠しフォルダーを表示する手順は「Windows ヘルプ: 隠しファイルを表示する」をご参照ください。
    3. 次のレジストリ キーを検索して削除します。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\ESRI\ArcGIS Online For Pro
      HKEY_CURRENT_USER\Software\ESRI\ArcGISPro
      HKEY_CURRENT_USER\Software\ESRI\ArcGISPro1.0
      警告:
      オペレーティング システムのレジストリの変更は、Esri のサポートの対象外です。
      
    4. コンピューターを再起動して、ArcGIS Pro を再インストールします。

関連情報