日本語

エラー: エラー 010067: グリッド式の実行中にエラーが発生しました。 (コンター (Contour)) の実行に失敗しました

エラー メッセージ

[コンター (Contour)] ツールの実行に失敗し、次のエラーが返されます。
 

エラー:   
エラー 010067: グリッド式の実行中にエラーが発生しました。 (コンター (Contour)) の実行に失敗しました。 

原因

このエラーの原因としては、次のようなものがあります。

  • ファイルベースのラスター データセットを処理するときに、入力の値が NoData 値 (データが存在しないことを表すために使用される) ではなく負の整数 (-32767 など) に設定されています。
  • 入力ラスターが Esri グリッド形式の要件を満たしていません。
  • フォアグラウンドで大規模なフィーチャクラスを処理しているときに [コンター (Contour)] ツールがタイムアウトします。

解決策または対処法

次のいずれかの解決策を使用して、このエラーを解決してください。

  • 次の手順に従って、入力ラスター値を NoData に設定します。
  1. ArcMap で、[Set Null] ツールを実行します ([ジオプロセシング][ArcToolbox][Spatial Analyst ツール][条件][Set Null])。
  2. [入力条件ラスター] としてラスター データセットを選択します。
  3. [条件式] ボックスに、「VALUE = -32767」と入力します。ここで -32767 は、NoData に置き換える必要がある値です。
  4. [条件式が FALSE のときの入力ラスター、または定数値] を、ステップ 2 で選択した同じラスター データセットに設定します。
  5. 出力ラスターに適した場所を設定し、[OK] をクリックします。
  6. ステップ 5 で取得した出力ラスターを入力として使用して [コンター (Contour)] ツールを実行します。
  • [コンター (Contour)] ツールを実行する前に、入力ラスターをグリッド形式から TIFF 形式にエクスポートします。 ラスター形式の変換の詳細については、「ラスター データセットのエクスポートと変換」をご参照ください。
  • [コンター (Contour)] ツールを実行する前に、バックグラウンド ジオプロセシングを有効化して、バックグラウンド処理中に ArcMap が強制終了することがないようにします。 バックグラウンド ジオプロセシングを有効化するには、[ジオプロセシング][ジオプロセシング オプション] の順に移動して、[バックグランド処理] セクションの [有効] チェックボックスをオンにします。 バックグラウンド ジオプロセシングの詳細については、「フォアグラウンド処理とバックグラウンド処理」をご参照ください。
注意:
[コンター (Contour)] ツールを完全に実行したら、バックグラウンド ジオプロセシングを無効化してください。いくつかのジオプロセシング ツールはフォアグラウンドで実行されるとパフォーマンスが向上するためです。 

    関連情報