日本語
Continue in the app
Be The First To Get Support Updates
Want to know about the latest technical content and software updates?

FAQ: フィーチャ サービスと一致する ArcGIS Survey123 調査を作成するにはどうすればよいですか?

質問

フィーチャ サービスと一致する ArcGIS Survey123 調査を作成するにはどうすればよいですか?

答え

既存のフィーチャ サービスにリンクした新しい調査の作成は、調査に使用できるフィールドのうち、一部のフィールドを含めない場合に便利です。 新しい調査を作成する場合は、次の要件に注意してください。

  • 調査の XLSForm の [設定] タブにある [form_id] プロパティは、調査の質問が格納されているフィーチャ サービス内のレイヤー名と一致している必要があります。
注意: [form_id] プロパティが空白のままになっている場合、調査は XLSForm と同名のフィーチャ サービス内のレイヤーに対して処理しようとします。
  • 繰り返しを使用する場合、繰り返しの名前は、フィーチャ サービス内の関連レイヤーまたはテーブルの名前と一致している必要があります。 繰り返しの名前に ASCII 以外の文字やスペースを含めたり、先頭に数値を含めたりすることはできません。
  • 調査の各質問は、フィーチャ サービスのレイヤーまたはテーブルの既存のフィールドを参照する必要があります。 また、XLSForm の esriFieldType および esriFieldLength 列は、対応するフィーチャ サービス フィールドの同じ列と一致している (または同じ列よりも制限されている) 必要があります。 繰り返し内の質問は、関連するレイヤーまたはテーブルのフィールドに対応しています。 繰り返し以外の質問は、form_id で参照されるフィーチャ サービス レイヤーのフィールドに対応しています。

送信 URL を含む調査を初めて公開する場合、調査フォーム アイテムのみが作成されます。 新しいフィーチャ サービスが作成されるのではなく、既存のフィーチャ サービスにリレーションシップが作成されます。 送信 URL を含む調査を再公開する場合、既存のフォーム アイテムが (削除および再作成されるのではなく) 更新され、指定した送信 URL へのリレーションシップが更新されます。

注意: Portal for ArcGIS 10.3.1 で調査を再公開すると、新しいフィーチャ サービスが作成され、古いフィーチャ サービスは削除されません。 これは Portal for ArcGIS 10.3.1 の制限事項です。 この累積を回避するには、古いフィーチャ サービスを手動で削除する必要があります。 送信 URL を使用して Portal for ArcGIS 10.3.1 で再公開すると、指定した URL へのリレーションシップが作成されるものの、アイテムには表示されません。

Related Information

更新日時: 4/27/2022

記事 ID: 000014835