日本語

FAQ: 異なる範囲で境界ポリゴンが使用されたときに、[最適化ホット スポット分析 (Optimized Hot Spot Analysis)] の結果が異なるのはなぜですか?

質問

異なる範囲で境界ポリゴンが使用されたときに、[最適化ホット スポット分析 (Optimized Hot Spot Analysis)] の結果が異なるのはなぜですか?

答え

COUNT_INCIDENT_WITHIN_FISHNET_POLYGONS インシデント データ集約方法を使用するときに、[最適化ホット スポット分析 (Optimized Hot Spot Analysis)] の入力フィーチャおよび分析フィールドは同じですが、境界ポリゴンの範囲が異なる場合、分析の結果は異なります。 これは、インシデント入力フィーチャが発生する位置を、境界ポリゴンが定義する方法に起因します。 より大きい境界ポリゴンがインシデントを包含している場合、インシデントのクラスターがホット スポットとして識別される可能性が高くなります。

ホット スポット分析は、各フィーチャと近傍フィーチャの関連性を調べます。 COUNT_INCIDENTS_WITHIN_FISHNET_POLYGONS 方法が選択され、[インシデント範囲境界ポリゴン] パラメーターが定義されている場合、境界ポリゴンと交差するすべてのフィッシュネットが分析で維持されます。 インシデントを含まないフィッシュネットには、インシデント数としてゼロが与えられます。 そのため、同じインシデント データセットを操作する場合、境界ポリゴンが大きいほど、分析範囲内でクラスター化されるインシデントが多くなります。 インシデントがクラスター化されたエリアは、ホット スポットとして識別される可能性が高くなります。

 

Related Information