日本語

FAQ: 曲線は、ArcGIS Online および REST API のホスト フィーチャ レイヤーに対してサポートされたジオメトリ タイプですか?

質問

曲線は、ArcGIS Online および REST API のホスト フィーチャ レイヤーに対してサポートされたジオメトリ タイプですか?

答え

現時点では、ArcGIS Online でホストされるフィーチャ レイヤーを曲線ジオメトリで使用することはできません。 公開プロセスの実行時に、曲線は Rings に変換されます。現時点で曲線は、ArcGIS Online でホストされるフィーチャ サービスに対してサポートされたジオメトリ タイプではないからです。

たとえば、曲線を含むポリゴンを ArcGIS Desktop から ArcGIS Online に公開した後、曲線の配列は curveRings ではなく Rings として格納されます。 ポリゴンをカーブした状態で表示するには、1 本の曲線の代わりに、Rings 内に多数の座標が作成されます。

具体的に言えば、ArcMap で円形のフィーチャを作成し、そのフィーチャを JSON に変換した場合、ArcMap ジオプロセシング ツールによって作成された JSON を表示すると、わずかな数の座標を含む curveRings が表示されます。

"geometry":{"curveRings":[[[-8168422.4016999993,24143556.740800001],{"a":[[-8168422.4016999993,24143556.740800001],[-8168422.4016999993,12123269.446849408],0,1]}]]}

しかし、同じフィーチャをホスト フィーチャ サービスとして公開した後に、REST からジオメトリを検索してみると、このジオメトリは数千の座標を含む Rings として表示されます。

Ring0:[-8168422.4016999993,24143556.7408],[-8162128.594278127,24143555.093085036],[-8155834.7885817392,24143550.14994058],
... 11998 more...

ArcGIS Online の現在のリリースには曲線が含まれていませんが、ホスト フィーチャ レイヤー上で曲線を編集する機能は、将来的なリリースで実装される予定です。 ArcGIS Online の将来的な更新の詳細については、「ArcGIS Online ヘルプ: 新機能」をご参照ください。

別の方法として、ArcGIS for Server 10.3 以降でホストされるフィーチャ サービスでは、トゥルー カーブがジオメトリ オブジェクトとしてサポートされています。 returnTrueCurves パラメーターが true に設定されている場合、query パラメーターでは出力ジオメトリでトゥルー カーブが返されます。 JSON 曲線オブジェクトは ArcGIS for Server 10.3 以降でホストされるサービスのみでサポートされるからです。詳細については、「ArcGIS REST API: Query (Map Service\Layer)」ヘルプ ページをご参照ください。JSON 曲線オブジェクトの詳細については、リソース「ジオメトリ オブジェクト」をご参照ください。

Related Information