日本語

エラー: 現在のプロジェクトを保存できませんでした。 エラー: ProjectService::SaveProjectAsync が失敗しました

エラー メッセージ

場合によっては、ArcGIS Pro でプロジェクトを保存しようとして失敗し、次のエラーが返されることがあります。

エラー:   
現在のプロジェクトを保存できませんでした。 エラー: ProjectService::SaveProjectAsync が失敗しました
Screen shot of the error message: Failed to save the current project. Error: ProjectService::SaveProjectAsync Failed

原因

このエラーの原因としては、次のものが挙げられます。

  • プロジェクトで使用されているファイル パスにスペースが含まれている
  • プロジェクトを構成しているラスター データにラスター関数が適用されている

解決策または対処法

原因に応じて、次の回避策を使用してこの問題を解決してください。

  • プロジェクトで使用されているファイル パスにスペースが含まれている
プロジェクトで使用されているフォルダーまたはデータベース接続からのファイル パスの名前にあるスペースを削除して、ファイル パスを変更します。 プロジェクトのパスを表示するには、[プロジェクト] タブをクリックし、[オプション][現在の設定] の順に選択します。 パスは、プロジェクトで使用されているジオデータベース接続とカスタム ツールボックスから構成されます。 ArcGIS Pro では、プロジェクトのファイル名とフォルダー名の指定でスペースの使用がサポートされていません。ファイルの名前を指定するときは、スペースの代わりにアンダースコアまたはキャメルケース文字を使用することをお勧めします。詳細については、「ArcGIS Pro ヘルプ: プロジェクト設定の変更」をご参照ください。
  • プロジェクトを構成しているラスター データにラスター関数が適用されている
プロジェクトのマップにファンクション ラスターが含まれている場合は、プロジェクトを保存する前に、ラスター データに適用されているすべての関数を削除します。 詳細については、「ArcGIS Pro ヘルプ: ラスター関数の編集 (Edit Raster Function)」をご参照ください。 特定のラスター ファイル形式が、ラスター関数を適用するときのエラーの原因になることがわかっています。 もう 1 つの方法として、可能であれば、[ラスター → 他のフォーマット (Raster To Other Format)] ツールを使用してラスター データを別の形式に変換することでエラーの発生を防ぎます。
注意:
プロジェクトで使用されるすべてのデータは、同じワークスペースから取得することをお勧めします。 また、SDE 接続ファイルを使用している場合は、SDE データベースへの接続を削除してから再確立した後にプロジェクトを保存すると、このエラーを防止できることがあります。

関連情報