日本語

問題: ArcMap を起動すると、認証の有効期限切れ警告メッセージが返される

説明

コンピューターに新しくアクティブな認証済みライセンスがあるにもかかわらず、ArcMap を起動すると警告メッセージが表示されます。

警告: 
ArcGIS for Desktop Advanced ライセンスが X 日後にタイム アウトします。
以下の図で示すように、警告メッセージが他の製品やエクステンションを参照する場合があります。

原因

ArcGIS Administrator は最新の認証済みライセンスではなく、ライセンス ファイル内の古いライセンスを読み取っています。 ほとんどの場合、新しいライセンスを認証すると古いライセンスが上書きされます。 ただし、古いライセンスが上書きされず、ArcGIS Administrator が新しく認証されたライセンスを読み取ることができない場合もあります。

解決策または対処法

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

  1. コンピューター上のすべてのライセンスの認証を解除します。 「ArcGIS for Desktop および ArcGIS Engine のライセンスのオンライン認証解除」をご参照ください。
注意:
認証解除に失敗した場合は、ArcGIS 10.x ライセンスの信頼できるストレージを消去します。 「操作手順: 同時使用ライセンスまたは単独使用ライセンスの信頼できるストレージを空にする、または削除する」をご参照ください。
  1. 最近購入したライセンスを認証します。 「ソフトウェアの認証」をご参照ください。

関連情報