日本語

操作手順: ArcMap を開く際に代替の Oracle クライアントを指定する

概要

コンピューターに複数の 32 ビット Oracle クライアント バージョンがインストールされているユーザーがデータベースに正常に接続するには、適切なクライアントへのパスが PATH 変数に最初にリストされていることを確認する必要があります。これと同じ要件を持つ Esri 製でないプログラムがコンピューター上に存在する場合は、そのソフトウェア要件に合わせて PATH 変数を変更し、その後 Esri ソフトウェアが正常に接続できるように PATH 変数を戻す必要があります。

手順

ArcMap を開くために PATH 環境変数を一時的に変更する必要がある場合は、次の回避策を実行します。

  1. 起動中の ArcMap インストールの bin フォルダに加えて、PATH を適切な Oracle クライアントに設定するバッチ スクリプトを作成します。 最後に START ArcMap.exe と exit を記述します。
    例:
SET path=C:\Oracle\Ora11g\bin;C:\Program Files (x86)\ArcGIS\Desktop10.3\bin;

START ArcMap.exe

exit
  1. 上記のスクリプトにある文字列「C:\Oracle\Ora11g\bin;C:\Program Files (x86)\ArcGIS\Desktop10.3\bin;」を更新し、コンピューター上の適切な場所を記述して、スクリプトをバッチ ファイル (*.bat) として保存します。
  2. バッチ ファイルの場所を参照し、ファイルをダブルクリックして実行します。

このスクリプトを実行すると、PATH 環境変数が一時的に代替の Oracle クライアントをポイントするように設定され、ArcMap が開きます。 これらの環境変数はその ArcMap セッション中にのみ保持され、他のランチャーで開かれているプログラムの変数は変更されません。バッチ ファイルを使用せずに別の ArcMap セッションを開くと、デフォルトの PATH 変数が使用されます。