日本語

操作手順: ソースとシンクを使用せずにフロー方向を設定

概要

ジオメトリック ネットワークのフロー方向を設定する場合には、ソースとシンクがよく使用されます。 ただし、ソースとシンクは常に使用できるわけではないので、別の方法を使用する必要もあります。 [フロー方向の設定 (Set Flow Direction)] ジオプロセシング ツールを使用すると、ラインのデジタイズ方向に基づいてジオメトリック ネットワーク上のフロー方向を設定できます。

場合によっては、[ユーティリティ ネットワーク解析] ツールバーの [フロー方向の設定] ボタンが無効になっていたり、フロー方向を正しく設定しなかったりすることがあります。 こうした場合には、[フロー方向の設定 (Set Flow Direction)] ジオプロセシング ツールで、デジタイズ方向に基づいてフロー方向を設定する必要があります。

以下の手順は、デジタイズ方向を使用してフロー方向を設定する方法を示しています。

手順

  1. [カタログ] ウィンドウで、[データ管理ツール][ジオメトリック ネットワーク][フロー方向の設定 (Set Flow Direction)] の順に移動します。
  2. ジオメトリック ネットワークを選択します。
注意:
[コンテンツ] ウィンドウには、ジオメトリック ネットワークのレイヤーのリプレゼンテーションがありません。このため、[フロー方向の設定 (Set Flow Direction)] ツールのファイル ブラウザーを使用して参照する必要があります。
  1. フロー オプション パラメーターとして [WITH_DIGITIZED_DIRECTION] を選択します。
注意:
フロー オプション パラメーターを RESET_FLOW_DIRECTION に設定して [フロー方向の設定 (Set Flow Direction)] ツールを実行することで、フロー方向を削除することもできます。

関連情報