日本語

エラー: ERROR 001360: サービス定義のアップロードのために基本アイテム メタデータを取得できませんでした

エラー メッセージ

ArcMap を介してサービス定義を ArcGIS for Server に公開しようとすると、次のエラーが返されます。

エラー:   
ERROR 001360: サービス定義のアップロードのために基本アイテム メタデータを取得できませんでした。

原因

このエラーは、以下のいずれかの原因によって発生する場合があります。

  • ArcMap によってサービス定義 (*.sd) ファイルが正しく書き込まれていません。 このためにファイルが破損した状態になっています。 その後、破損した *.sd ファイルを ArcGIS for Server に公開すると、ArcGIS for Server はその *.sd ファイルを有効なサービス定義ファイルとして認識できません。
  • *.sd ファイルの処理中に ArcGIS for Server に問題が発生することがあります。 この問題は、システム リソースの不足によって発生し、システムがリクエストを処理する能力が阻害されます。 たとえば、ArcGIS for Server のインストール先のシステムに十分な格納領域が存在しなかったり、アップロード プロセスの途中でサービスが中断したりする場合です。
  • ArcMap によってサービス定義ファイルが格納されるステージング フォルダーの場所に対して、ArcGIS for Server が権限やアクセス権を持っていません。

解決策または対処法

原因に応じて、次の回避策の 1 つ以上を (必要に応じて) 適用します。

  • サービス定義ファイルを再公開する
公開プロセスは断続的に失敗する可能性があるので、次の Python スクリプトでは while ループを使用して、サービス定義ファイルが正しく公開されるまで再公開プロセスを自動的に連続実行します。 このためには、ArcMap の Python コンソールに以下のコード ブロックをコピーして、スクリプトを実行します。
import arcpy
from arcpy import env
# Execute UploadServiceDefinition. This uploads the service definition and publishes the service.
    status = 1
    while status <= 1:
        try:
            arcpy.UploadServiceDefinition_server(, )
            status = 2
            print "Service successfully published"
        except:
            print "Service failed to publish"
            status = 0
Python スクリプト関数の使用方法については、「ArcGIS ヘルプ: Python の関数の使用」をご参照ください。
注意:
スクリプトを実行する前に、、および  パラメーターを更新してください。
  • システム要件
インストールの前に、ArcGIS for Server のシステム要件を満たしていることを確認します。 システム リソースが不足していると、送受信するリクエストをシステムが処理する能力が大きく妨げられます。

詳細については、「ArcGIS ヘルプ: ArcGIS 10.5 for Server のシステム要件」をご参照ください。
  • 権限の設定
サービス定義の公開用の ArcMap のデフォルトのステージング フォルダーに、ArcGIS for Server アカウントからアクセスできることを確認します。 権限の設定が修正できない場合には、代替策として *.sd ファイルを ArcGIS for Server Manager にアップロードし、ArcGIS for Server Manager を通してサービスを公開します。

詳細については、「ArcGIS ヘルプ: ArcGIS Server Manager での権限の編集」をご参照ください。

関連情報