日本語

FAQ: ポップアップの編集時に、[属性表示のカスタム設定] にある URL をハイパーリンクとして表示できますか?

質問

ポップアップの編集時に、[属性表示のカスタム設定] にある URL をハイパーリンクとして表示できますか?

答え

ポップアップの編集時に、[属性表示のカスタム設定] にある URL をハイパーリンクとして表示することはできません。 これは仕様によるものです。 属性表示のカスタム設定を使用してポップアップのコンテンツを表示する場合、編集モードではポップアップに含まれる URL は表示されません。

ポップアップの属性表示のカスタム設定に設定された情報は、Web マップの JSON ファイルに書き込まれます。 JSON 表現は Web マップとポップアップの表示方法を制御します。 ユーザーが [編集] ボタンをクリックしてポップアップを編集する場合、実際には Web マップのフィーチャ サービス アイテムを編集することになります。 つまり、ポップアップの編集と、URL を含むポップアップの属性表示のカスタム設定の編集は、2 つの完全に異なるコンポーネントなのです。 属性表示のカスタム設定に含まれる URL は、ポップアップの編集時には表示されません。これはフィーチャ サービスのソース データの一部ではないからです。

ただし、ポップアップの編集時に URL を表示することが絶対に必要な場合は、代替策として、フィーチャ サービス レイヤーの属性テーブルを更新して、URL を格納するフィールドを追加します。 編集時にポップアップ内でこのフィールドを有効にして、編集モードで URL をフィールドに追加できるようにします。 詳細については、「ArcGIS Online ヘルプ: ポップアップの構成」をご参照ください。 この回避策によって編集モードで URL が表示されますが、この URL はハイパーリンクとして表示されるわけではありません。 URL にアクセスするには、ユーザーが URL を選択して右クリックし、[URL> に移動] を選択します。

 
Image of the URL in edit mode

Related Information