日本語

操作手順: マップ上のサイズを変更せずに、凡例内のポイント シンボルのサイズを変更する

概要

状況によっては、マップ内にさまざまなレイヤーが存在している場合に、通常よりも小さなサイズでマップ シンボルを表示して、マップを表示したときにすべてのシンボルが表示されるようにしたいことがあります。 凡例がレイアウト ビューのマップに追加されている場合は、マップ上のシンボルのサイズが凡例内に引き継がれるため、小さすぎるシンボル サイズにより、凡例で提供される情報が不明瞭になる場合があります。

下記の手順は、凡例をグラフィックスに変換せずに、マップ上のサイズを維持しながら凡例内のポイント シンボルのサイズを変更する方法を示しています。
 

手順

  1. ArcMap でレイヤーのコピーを作成し、[コンテンツ] ウィンドウで、コピーしたレイヤーのマップ表示をオフにします。
  2. レイアウト ビューで、[挿入][凡例] の順に移動し、[凡例ウィザード] を使用して凡例をマップに追加します。
  3. [凡例ウィザード] で、コピーしたレイヤーを [凡例項目] リスト ボックスに挿入し、元のレイヤー削除します。 凡例タイトルのプロパティを設定し、凡例フレームをカスタマイズして、凡例エレメント間の間隔を指定したら、[完了] をクリックして [凡例ウィザード] を閉じます。
  4. レイアウト ビューで凡例をダブルクリックして、[凡例プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。
  5. [一般] タブで、[[コンテンツ] ウィンドウでチェックボックスがオンになっているレイヤーのみ表示] オプションをオフにして、[適用[OK] の順にクリックします。
Screenshot of the Legend Properties dialog box
  1. [コンテンツ] ウィンドウで、コピーしたレイヤーの名前の下にあるポイント シンボルをクリックして、[シンボル選択] ダイアログを開きます。
  2. 凡例内にポイント シンボルのサイズが要望どおり表示されるように、[シンボル選択] ダイアログでポイント サイズを適宜調整します。 詳細については、「ArcGIS Desktop ヘルプ: ArcMap - シンボルとスタイルの概要」をご参照ください。 下のマップ例に示すように、凡例内のポイント シンボルがマップ上のポイントよりも大きいサイズで表示されます。
Screenshot of the difference in size of the point symbol in the legend and on the map
 

関連情報